婚活女子が生まれたワケとは!? 「見合い女子」のホンネを大公開!

突然で恐縮ですが、ひとつ質問。みなさんは『お見合い』したことありますか? 「見合いなんて、モテないオトコが来そうでコワい〜」 「見合いって、モテない男女が集まる場所みたいだよね……」 「見合いする人って、結婚を焦ってるみ…

突然で恐縮ですが、ひとつ質問。
みなさんは『お見合い』したことありますか?

「見合いなんて、モテないオトコが来そうでコワい〜」
「見合いって、モテない男女が集まる場所みたいだよね……」
「見合いする人って、結婚を焦ってるみたい」
 
ごもっとも!そのとおり! 見合いを始めた当初は、私も「見合いなんてバカらしい。フツーに恋愛して結婚するわ」と豪語していました。仕事は忙しくも楽しいし、友達と過ごす時間はサイコーに愉快だし。しかも結婚、急いでないしね!(←ここ強気)と。
 
ところがです。
30歳を超えて数年経ち。気づけば周囲の友人はサラリと妻になり、今や子持ちママ仲間でワイのワイのやってる……。うっかり私と残り僅かな男女数人が残され、結婚難民と化しているという訳です。いやホント、時が経つのはなんとやらですわ。
 
「このままマジで一生独身だったらどうしよう」
「ぶっちゃけ、年金もらえるまで働けるの私(60過ぎまで働けるのか?)」
「それに、いつか子供とかも産みたいし」
正直、不安はあります。焦りもあります。元気に産める歳までになんとか!と頭のどっかで計算することだって(してないと周囲には言うけど)してます。そんなときでした。
 
「ね、見合いしてみない?」
このコトバが耳に届いたのは。今までも何度かお話を頂いていたけど、聞こえてなかった『見合い』。
 
「見合いとて、最近はイケた男性が来るのかも? 売れ残りじゃない男だっているはずだよね」
「結婚なんてまだ先だから……と逃げるよーな男は来ないんだから好都合かも!」
そうしてこうして、うっかり足を踏み入れてから、はや幾年。
 
見えてきた「お見合い男子の実態」
実感した「婚活女子の本音」
これを、自分なりの切り口でお伝えしようと思います。特にお相手男子のバリエーの豊富さといったら飲茶以上! 普段は出会えない(好みではないタイプも続々出会える)人も多く、見合い現場はおもしろ愉快なお相手のオンパレードなのですよ。ぜひおつきあいくださいませ。
今宵も、“いつか見合いでも出会える、大好きな相手”を求め、
日々日々「見合い」にいそしんでおります。
そんな私の、婚活エピソードを、のらりくらりと書き綴りたいと思います。
 
どーぞ、お付き合いくださいませ。