とっくに既読になってるのに!彼氏に「LINE」の返事を早く返させるコツ3つ

何かと悩みを膨らませてしまうLINEの既読表示! ご存知の通り、彼があなたのメールを読んだ事が知らされるわけです。早く返してくれる時とそうでない時の差があり、これに翻弄されている女子が多いとか!?  既読になった瞬間から…

何かと悩みを膨らませてしまうLINEの既読表示! ご存知の通り、彼があなたのメールを読んだ事が知らされるわけです。早く返してくれる時とそうでない時の差があり、これに翻弄されている女子が多いとか!? 

既読になった瞬間から、「なんで? 遅いよ!」そんな言葉が頭の中を走りまわっている人も多いのではないでしょうか? そこには駆け引きが必要なのでしょうか? 

そこで今回は、パーソナルコミュニケーションプランナーの筆者が、彼氏にLINEの返事を早く返させるコツを3つお伝えいたします。

 

■1:メッセージは“短くて答えがすぐに返せるもの”を

男性のLINE活用方法としては、あなたが恋愛対象であるうちは“感情表現ツール”ですが、恋人になって慣れてくれば“連絡ツール”に変化する事を覚えておきましょう。恐らく付き合い始めると、男性はあなたの想像以上のスピードで、連絡ツールに変えてしまうでしょう。

既読になったけど返事がないからとイライラせずに、“簡単に返せるような短文”でのメッセージを心がけて、心に余裕を持っておきましょう。「寂しいよ」などといった感情より、「好き?」などといった、短くて答えがすぐに返せるメッセージのほうが、男性は早く返してくれるでしょう!

 

■2:お互いにLINE”の決めごとを決めよう

手軽に使える連絡手段としてLINEが普及している今、お互いにLINEについての約束事をしておくと良いでしょう。ただし、あなた自身も守れる約束でなければいけません! 既読にしたらお互いにすぐに返す、でも良いでしょうし、手が離せない時の合図として可愛らしいスタンプを1つ決めておくのも良いでしょう!

通信手段が発達した現代において、特にLINEの既読表示機能は、片方が既読を気にするタイプだと火薬庫になりかねないのです。こういった決めごとがあれば、お互いにストレスなく愛情なり、求めるものが便利に伝わるでしょう!

 

■3:いっその事、やり返すのも手

1のようにメッセージを“短くて答えがすぐに返せるもの”にしても、2のように“お互いにLINEのルールを決めて”もダメで、それでも相手が“既読になったけど返さない”のであれば、いっその事あなたもやり返すのも手です。

交際相手の男性は“連絡ツール”としてLINEを活用してくる事は目に見えています。余程に急な大事な連絡でない限り、1度既読にしてやり返すのも手です。「なんで?既読になったじゃないか?」なんて言わせたら、それこそ、再度1と2を実践するチャンスも出てくるというものです。

 

以上、彼氏からLINEの返事を早く返させるコツ3つをお伝えいたしましたが、いかがでしたか? 今回は交際中の2人を想定してみましたが、片想い中や友達などにも使えるLINEのコツについても、今後お伝えしていきますね。

普通のメールであれば、相手がいつ読んだかなど知らなくて済んだ事も、“知ってしまえる”のがLINEの既読表示です。知らないほうが良い事もいっぱいあるのですが、せっかくの便利な機能でもあるので、今回お伝えしたコツが、交際中の2人が仲良くなれるきっかけとしてお役にたてると嬉しいです。

 

【関連記事】

スグに使える!男子に「こいつ頭いいな~」と思わせられるフレーズ4つ

インドア派よりアウトドア派!仲人が明かす「イマドキ婚活モテ事情」

これだけは押さえておきたい!超特選「恋愛の秘技」3つまとめ

えっ私って遊び?「自分がカレの本命かどうか」見分ける方法3つまとめ

繊細で傷つきやすいが洞察力は抜群!「蠍座さん」への恋愛アドバイス