このタイミングが狙い目!「オトコが美人じゃない子を選ぶ瞬間」5つ

そこまで顔がかわいくはないのに、モテている女性っていますよね。でも、「なぜ!?  私のほうがかわいいのに!」と指をくわえたり、地団駄を踏んだりしたって何もはじまりません。 「かわいくないのに、好きになっちゃう。これには男…

そこまで顔がかわいくはないのに、モテている女性っていますよね。でも、「なぜ!?  私のほうがかわいいのに!」と指をくわえたり、地団駄を踏んだりしたって何もはじまりません。

「かわいくないのに、好きになっちゃう。これには男性の心理に原因があったのです」と語るのは、非モテ・ライターの塚田牧夫さん。

では、いったいどんなタイミングだと、男性は“それほどかわいくない女子にもフラっといってしまう”のでしょうか? 塚田さんに、シチュエーション別に紹介いただきましょう。

 

■1:美人にひどい仕打ちを受けたあと

「“男は狼”なんて言葉がありますが、美人の女性に捨てられたあとはただの捨てられた子犬。そのタイミングで顔がかわいい女性に近づかれたら、警戒心をむき出しにして逃げ出したくなります。

逆に顔がそうでもない女性に声をかけられたら、癒されて“彼女なら大丈夫そう”と、なついてしまうものなんです」

 

■2:大失恋のあと

「数年にも及ぶ大恋愛があえなく終了してしまった……。そんなときに男性は、“独りでいること”をとてつもなく嫌うんです。

やさしくて自分に好意を示してくれる女性であれば、とにかく一緒にいたい……。そんな心理が働くのでしょう」

 

■3:クリスマスの直前

「大人になれば、クリスマスはもはやカップルの行事。そんなときにオトコひとりでいたり、オトコだけの“野郎会”に行くのは生き地獄です。

だからこそ、身近に“顔はイマイチでも性格のいい素敵な女性”がいたら、迷わずアプローチをかけます」

 

■4:性格と趣味がどっちも一致したとき

「よく、“性格がすべて”とか“趣味が合えばOK”とか言いますが、これらは綺麗事。どっちか片方じゃ弱すぎます。

でも、両方が合わされば強力です。美人にだって勝ちます。そう、“性格×趣味=付き合いたい”の方程式は成立するんです」

 

■5:体型が好みなとき

「男性は年をとって大人になるほど、女性のカラダが好きになってくるんです。

よく女性を見て“いい脚だなあ”と言っている人がいますよね。体型が好みだと、“付き合ってみたいな”と、そんなふうに思ってしまいがちなんです」

 

以上、男性が美人じゃない子を選ぶ瞬間についてお伝えしましたが、いかがでしたか? これらを意識すれば、いままで諦めていたあの理想のカレも、落とすことができちゃうかも!

恋は戦。戦略が物を言うのです。

 【取材協力】

※ 塚田牧夫・・・ライター。モテない中年。家電、電子小物などガジェット系を専門に雑誌・ウェブで活躍する傍ら、遅すぎるモテ期を自らの手で到来させるべく、日夜モテる男子にモテ指南を受け、情報収集に勤しんでいる。最近始めたモテ用Twitterアカウントは @tsukadamakio。