リースを玄関に飾っちゃダメ!「風水的に恋が逃げる」クリスマス飾りのNG集

12月に入ってから、お部屋をクリスマス色に飾り付けしている女性も多いことと思います。しかし、風水師の二ノ宮さなさんはこう警告します。 「じつはクリスマス・インテリアには、風水的にNGなポイントがたくさんあります」。 とい…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月に入ってから、お部屋をクリスマス色に飾り付けしている女性も多いことと思います。しかし、風水師の二ノ宮さなさんはこう警告します。

「じつはクリスマス・インテリアには、風水的にNGなポイントがたくさんあります」。

というわけで今回は、風水師の二ノ宮さんにその、“風水的にNGなクリスマスの飾り付け”について聞いてみました。大事な勝負の時期、知らず知らず恋愛運を逃していたということがないように、しっかりチェックしておきましょう!

 

■1:玄関にリースを飾っている

「リースはドライフラワーで出来ていますよね。ドライとはつまり“死んでいる”ということ。しかも、それが運の入口である玄関に飾ってあったりしたら、最悪です。

枯れ木を使って作られたツリーなんかも風水的によくないですね」

 

■2:部屋の雰囲気が寒々しい

「寒々とした部屋では、気分も盛り上がらないばかりか、運も寄ってきません。暖色カーテンなどで彩を添えれば、運気も高まるでしょう。

ただし、アニマルプリントの装飾はNG。いかにも“肉”という感じで、逆効果になってしまいます」

 

■3:ポインセチアが無造作に置いてある

「真っ赤がかわいいポインセチアは、恋愛的にはとてもいいアイテムなのですが、できれば東に置きましょう。

東のラッキーカラーは赤なので、赤い花を東に置けば、若返りとやる気アップが期待できます」

 

■4:クリスマスツリーが南西の位置にある

「もしもクリスマスツリーを部屋の南西に置いているのなら、すぐに東(東南、南でもOK)へ移動させましょう。なぜなら、南西は“土”の方位だから、そこにツリー(“木”)とツリーの電飾(“火”)を置けば、“土”を壊してしまうからです。そうなれば、結果として、カップルの仲にヒビが入ってしまうでしょう。

喧嘩をしたくなければ、今すぐ移動することをオススメしますよ」

 

以上、“風水的にNGなクリスマスの飾り付け”についてポイントを4つお伝えしましたが、いかがでしたか?

なにも考えず、“とにかく派手に飾っちゃえ!”となりがちなクリスマス・インテリアですが、他の家具同様、しっかりと考えて行わないとイケナイもののようです。

 

【取材協力】

※ 二ノ宮さな・・・OL、キャバクラ嬢を経てライターに。広報誌からBL同人誌など幅広いジャンルを手がける。風水、タロット、ダウジングのプロフェッショナルでもある。ツイッターは@llsanachanll