一生立ち直れない!女がカレに言われたら「死ぬほど凹むセリフ」特選5つ

みなさんは、男性に言われて凹んだセリフはありませんか? “ブス!”とか“デブ!”とか、いろいろあるかと思いますが、今回はなかでも選りすぐりの、“特選オトコに言われたら凹むセリフ集”をご紹介したいと思います。 これらについ…

みなさんは、男性に言われて凹んだセリフはありませんか? “ブス!”とか“デブ!”とか、いろいろあるかと思いますが、今回はなかでも選りすぐりの、“特選オトコに言われたら凹むセリフ集”をご紹介したいと思います。

これらについて語ってくれたのは、スナックホステス兼ライターの箱崎キョウコさん。スポーツ新聞の取材で女性座談会などを開催し、数々の恋愛エピソードを知る彼女。さて、どんなものが飛び出すでしょうか? さっそく見てみましょう。

 

■1:「重い」

「やはり言われてキツイのはこれでしょう。

恋愛において、恋人から“重い”と言われるのは、誰もが避けたいことですよね。まるで全人格を含めて、カレに注ぐ愛そのものが否定されたかのような気持ちになってしまいますよね」

 

■2:「付き合ってること秘密にしてくれない?」

「友人、知人に紹介したりされるのは、“カレは私に対して本気なんだ”と思えるひとつのステータス。自信につながりますよね。

それなのに、交際自体を“秘密にしてくれない?”なんて、愛していないどころか、ほかの女性の影すらチラつくヒドイ発言ですね」

 

■3:「結婚はない」

「いくら若くても、まだまだ付き合いが浅くても、ずっと一緒にいたいというのは彼女の願い。それなのに、こんな言葉はいきなりの死刑宣告! 

“つまり、いつかは必ず別れるってこと? だったら今付き合っているのはなんなの!”そう思わずにはいられないセリフです」

 

■4:「夜も化粧してくれない?」

「男性はすっぴんが好きとよく聞きます。特に彼女のすっぴんであればなおのこと。

そこから、すっぴんなんて恥ずかしいけど、カレにだけ見せちゃう。そうつながっていくはずなのですが、逆に、“夜も化粧してよ”という一撃。

素顔のワタシは抱けないってこと!? ひどすぎますよね」

 

■5:「可愛い子と付き合いたかった」

「最も最悪なのはコレでしょう。

街ゆく美女やテレビの中の芸能人を見ながらボソッと一言。“オレもあんな子と付き合いたい”。

もう、即絶交です!」

 

いかがでしたか?

デリカシーの欠片もない言葉のオンパレードでしたが、みなさんもこんなセリフを吐かれないように、普段から自分磨きに精を出しましょうね。

 

【取材協力】

※ 箱崎キョウコ・・・ライター兼スナックホステス。『スポニチ』で「熟じゅく美魔女対談」を連載。「取材対象になっていただける女性を募集中!」とのこと。ご興味ある方はメールで hakozakikyouko@gmail.com まで。