「テラスハウス」よりハマる?シェアハウスのウフフな恋愛事情【後編】

260人が住む日本最大級のシェアハウス『コンフォート蒲田』のハウスマネージャー・渡邉英樹さんに、“シェアハウスの気になる恋愛事情”を伺っています。 前回は、学園ラブのような内部の恋愛模様をお伝えしました。住んでみたくなっ…

260人が住む日本最大級のシェアハウス『コンフォート蒲田』のハウスマネージャー・渡邉英樹さんに、“シェアハウスの気になる恋愛事情”を伺っています。

前回は、学園ラブのような内部の恋愛模様をお伝えしました。住んでみたくなった人もいるのではないでしょうか?

今回は、外からではわからない“内部のカップル事情”を伺います!

 

■住人同士のカップル率は…

「別れたカップルも含めると15組くらい。現在進行形は10組。バレないように隠している人もいれば、オープンな人もいます」

まるでクラス内カップル。隠してもあっという間にバレる、これ定番です。

「ちなみに、この場を介してカップルになった人はたくさんいますよ。ここで結婚を決めて、ここでプロポーズした人もいます」

“シェアハウス=恋が生まれる場”であることは間違いないようです!

 

■別れてもシェアハウスに住み続けられる?

でも、別れたら気まずくならないのでしょうか?

「共有スペースに降りてこなければ誰にも会わずに済むので、別れても普通に住んでいる人が多いですよ。帰ってきて個室に直行すれば、まるで一人暮らしのような生活もできるのがシェアハウスのいいところなんです」

個室と共有部がハッキリわかれた大規模シェアハウスに住めば、会いたくない人とは会わないようにコントロールできるんだそう。

とはいえ、テレビで流れている『テラスハウス』のような少人数だとそうはいかないので、あくまで住居形態によるそうです。

 

■居心地が良すぎると危険!

「付き合ってなくても住人同士で疑似デートをするなど、彼氏・彼女関係なく男女で出かけることはよくあります。ただ、あまりに居心地が良すぎると休みの日もシェアハウス内の人と遊んでしまうので、外の出会いがなくなりますよね……」

これぞシェアハウスの落とし穴。わざわざ合コンへ行かなくても、デートの約束をしなくても、“それっぽいこと”が日常に用意されている。ハマったら抜け出せなくなりそうです。

 

以上、2回にわたってシェアハウスの恋愛事情をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか? 渡邉さんにシェアハウスの魅力を尋ねると、「住んでみればわかります」としきりにおっしゃっていました。

シェアハウスは敷金・礼金なし、家具付きで引っ越しが簡単というものも多いです。内心気になっている人は、ものは試しに一度住んでみてはいかがでしょう? 予想以上に素敵な出会いが待っているかもしれませんよ!

 【取材協力】

※ 渡邉英樹・・・取扱い物件数日本最大を誇る勤務のハウスマネージャー。都内の大規模物件を担当したのち日本最大級のシェアハウス『コンフォート蒲田』の管理人に。海外生活が長く、英語も堪能。最近のお気に入りスポットはジャマイカ。