男心をくすぐりまくり!「かわいい年下クン」からモテる方法4つ

「30そこそこに見えるのに、ものすごく若くてかわいい男の子を連れている……。弟? いやいや、手つないでるしカップルなんだ!」 そんな光景に出くわすことはありませんか? そういう女性は、年下クンに「年上女性って、アリだなぁ…

「30そこそこに見えるのに、ものすごく若くてかわいい男の子を連れている……。弟? いやいや、手つないでるしカップルなんだ!」

そんな光景に出くわすことはありませんか?

そういう女性は、年下クンに「年上女性って、アリだなぁ……」と思わせる術に長けているのかもしれませんね。

というわけで今回は、恋愛コラムニストの箱崎キョウコさんに、かわいい年下クンにモテる方法を教えてもらいました。

 

■1:素敵なお店を教えてあげる

「高級店である必要はありません。そのかわり、年下クンが行ったこともないような、少し大人チックなお店に連れて行ってあげしょう。

“え、この食べ物なんスか?”と食いつかせられれば完ぺき。

アナタと会えば、ワクワクできると思わせられればこっちのものです」

 

■2:相談に乗ってあげる

「カレと年の近い小娘にはできないことがあります。それは、相談に対して的確なアドバイスをしてあげること。

小娘では、“わかるー”なんていうくらいが関の山です。

“それは、こうするのが一番いいよ”という助言も、小娘にいわれたらイラッとするけれど、年上女性からなら素直に聞けて、頼もしいな、なんて感じるわけです」

 

■3:落ち着きをアピール

「年の近いカップルだと、ケンカが多くなり、結局どちらかが我慢する関係になってしまうことがあります。

でも、女性のほうが年上だと、いろいろなことを寛容に受け止められるので、とにかく関係は穏やかで平和。

こういう心地いい人間関係こそ、ずーっと続けていきたいと思うものです」

 

■4:経済力はアドバンテージ

「年上女性でバリバリ働いている方は、堂々と経済力というアドバンテージを活かしましょう。

“なんか貢いでるみたいで……”なんて考える必要はありません。使えるものは使うべきです」

 

いかがでしたか? 無理に年下クンに合わせず、年上であることを上手に使うのがポイントです。大人チックな魅力でドキッとさせましょう。

アラサー以上のみなさん、同年代の男性で失敗が続いてきたなら、年下クンに方向転換してみるのもアリかもしれませんよ!

 

【取材協力】

※ 箱崎キョウコ・・・ライター兼スナックホステス。スポニチで『熟じゅく美魔女対談』を連載。「取材対象になっていただける女性を募集中!」とのこと。ご興味ある方はメールで、hakozakikyouko@gmail.com まで。