一歩間違うとオバ色全開!「ヌーディーベージュ」の超NG着こなし2つ

女性の間で人気の“ヌーディーベージュ”を使ったファッションコーディネート。攻略できると、とてもオシャレで同性はもちろん異性からも大ウケ間違いなしのコーディネートです。 しかし、一歩間違うと一気に老けて見えてしまう“オバさ…

女性の間で人気の“ヌーディーベージュ”を使ったファッションコーディネート。攻略できると、とてもオシャレで同性はもちろん異性からも大ウケ間違いなしのコーディネートです。

しかし、一歩間違うと一気に老けて見えてしまう“オバさん”まっしぐらのコーディネートにもなりえるだけに、難しく感じることもありませんか?

そこで今回は、スタイリストである筆者が、ヌーディーベージュのファッションを攻略するために、やめたほうがいいNG着こなしをご紹介。そして、ちょっとした工夫でOK着こなしになる方法もお届けします!

 

■1:ベージュパンツの着こなし

オフィスにもぴったり、フルレングス丈の綺麗なシルエットのベージュ色パンツは、ベーシックなアイテム。ベージュが苦手な女性でも最初の1枚として所持している可能性が高いですが、このパンツの着こなしには注意が必要。

やはり同じようにベーシックな黒の正統派パンプスをあわせてしまうと、その足元はオバさんそのもの。かなり老け込んで見えてしまいます。

もしベージュのパンツと黒パンプスで若々しくしたいなら、ベージュのパンツはチノパンのようなカジュアルパンツを選びましょう。丈はくるぶしが見えるものが、さらに若々しく見せるポイントです。

また、逆に靴で遊ぶのもオススメ。同じ黒でもレースアップシューズやブーサンでカジュアルダウンすれば、簡単にオバさん度をぬぐえますよ。

 

■2:ベージュカーディガンの着こなし

ベージュのカーディガンもシンプルなアイテムなだけに、一歩間違うとオバ色全開のコーディネートになってしまうので要注意。ついやってしまうコーディネートの一例として、インナーに同じベージュ系の“小花柄”をあわせてしまうこと。これはNG。野暮った〜くなってしまいます。

これでベージュのカーディガンがデザイン性のないシンプルカーディガンならば最悪です。オバさんにしか見えません。

かわりに、メリハリのある配色で構成された小花柄のカットソーやシャツをレイヤードしましょう。同じ小花柄でもずっと若々しく見えますよ。

 

以上、オバさんにならない簡単ヌーディーベージュの着こなしかたのご紹介でした。ぜひ参考にしてくださいね。