これでハートをわしづかみ!男性タイプ別「必殺ソング」

どんな男子でも気軽に誘える、また逆に誘ってもらえるデートスポット、それがカラオケボックス。歌が得意な人はそのテクニックで意中の彼をメロメロに、「歌はちょっと苦手かも……」という人はあなたとのギャップを武器にして、相手にア…

どんな男子でも気軽に誘える、また逆に誘ってもらえるデートスポット、それがカラオケボックス。歌が得意な人はそのテクニックで意中の彼をメロメロに、「歌はちょっと苦手かも……」という人はあなたとのギャップを武器にして、相手にアピールしちゃいましょう! しかし、あまりにもノッてきて、自分の好きな曲ばかり歌ってしまうと相手に引かれてしまうこともあるのでご注意を。

そこで今回は、気になる男性を“何系”男子と名付けて、タイプ別オススメの『必殺ソング』を紹介します!

 

■1:今風男子にはホットなニューソングを!

カラオケに行って最新曲を歌い出すこのタイプは『今風男子』。流行に敏感なこのタイプは、今どんな曲が流行っているのかも知っています。男性曲、女声曲を問わず新しい曲で盛り上がれる彼には、あなたも同じくホットなニューソングでアピールしちゃいましょう!

例) 『ヘビーローテーション(AKB48)』、『Gee(少女時代)』、『ミスター(KARA)』、『ありがとう(西野カナ)』

[アドバイス]歌が上手くても下手でも構わないのですが、このタイプの男子にアピールをするのにはノリが大事! なぜ下手でもいいのか? 最近はユニットの曲が多いため、ひとりで完璧に歌いきることは無理だからです。とにかく楽しむことを心がけて、「知っていたら一緒に歌ってよ~」などノリよく誘ってみましょう。思わぬデュエットで、盛り上がっちゃうかも!?

 

■2:オタク系男子にはやっぱりアニソンを!

じつはオタク系の男子のカラオケ率は高く、それはアニソンが次々と配信曲として追加されていることからもわかります。また、エヴァンゲリオンのオープニング曲「残酷な天使のテーゼ」は『2011年JASRAC賞』で金賞を受賞したように、多くのファンが歌う曲となりました。そんな彼らですが最新ポップスなどには疎いことがあるため、初音ミクやアニソンを歌って共感を勝ち取りましょう!

例) 『メルト(supercell)』※初音ミク系、『ライオン(May’n/中島愛)』※マクロスF、『残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)』※エヴァンゲリオン、『God knows…(涼宮ハルヒ)』※涼宮ハルヒの憂鬱

[アドバイス]あなたがアキバ系女子なら、気になっているアニメやボカロ系の曲を歌えばOK。逆にオタク系に疎い場合は、涼宮ハルヒ、初音ミク、マクロスFなどからメジャー曲を数曲押さえておいて「これなら歌えるよ!」と切り出せば大丈夫。アニメを見ていなくても「歌がかわいかったから曲だけ覚えちゃった」でごまかしちゃおう!  アニメの知ったかぶりはNGです!

 

■3:チョイ悪系男子には逆にバラードを!

激しいサウンドと、シャウト……。良く言えば“ノリがいい”ですが、悪く言えば“良い雰囲気にはならない”。もしあなたの気になる相手がデスメタルやパンク系が好きだったらどうしますか? 答えは“無理に合わせない”です。仮に同じような選曲をしても、雰囲気がよくなる可能性が少ないですからね。そんな彼らをオトすには、逆の方向から攻めてみましょう。

例) 『会いたくて 会いたくて(西野カナ)』、『アンドロメダ(aiko)』、『さくらんぼ(大塚愛)』、『Butterfly(木村カエラ)』

[アドバイス]もしあなたがメタル系などを歌えるのであれば、歌ってしまうのもひとつの手。その後に、上記で挙げた曲をチョイスすると、男性が女性を意識しちゃうポイントのひとつ“ギャップ”を見せることができるのです。これでアピール力は倍増! 彼の選曲がバラード系になったら、あなたの魅力にしっかりと気がついてくれた証拠です!

 

■4:おじさま系男子?)には有名な懐メロを!

年上のおじさまを狙うなら、AKB48や、少女時代などの流行っている曲の合間に「こんな曲も歌えますよ」的なノリで懐かしい歌を入れてみましょう。世代によってストライクゾーンが変わるのが難点ですが、そこは有名な曲であれば問題ないでしょう。ただし、懐メロばかり歌ってしまうと「キミいったい何歳?」と突っ込まれてしまいますのでご注意を。

例) 『地上の星(中島みゆき)』、『少女A(中森明菜)』、『春一番(キャンディーズ)』、『天城越え(石川さゆり)』

[アドバイス]カラオケに行っても知らない曲ばかり聴かされては飽きてしまいますよね? それはおじさまだって同じ。そんな中で「お、この曲は知っているぞ」という歌が流れれば、耳を傾けたり、盛り上がったりしてくれるハズです。しかし、ずっと懐メロばかりだと「気を遣わせちゃってるな……」と深読みされちゃいますので、流行やメジャーなポップスの合間に挟むのがコツ。

 

■5:年下系男子にはお姉さまアーティストソングを!

「あいつはかわいい、年下の男の子」とキャンディーズが歌っていたように、かわいい年下系の男子にはお姉さま系の楽曲で攻めてみましょう。おすすめは宇多田ヒカルやMISIA、ドリカムなど。歌唱力がもろに問われてしまいますが、そこは地道な努力を重ねるしかありません。かっこいいと思われるお姉さまは、人知れず頑張っているものなのです!

例) 『again(YUI)』、『Beautiful World(宇多田ヒカル)』、『Everything(MISIA)』、『未来予想図2(DREAMS COME TRUE)』

[アドバイス]十分にお姉さま力を見せつけたら、先ほども出てきた“ギャップ”を挟んでみましょう。aikoなどのかわいい曲を歌って「お、こういう歌もいけるんだ?」と相手に意識させることができればアピールは完璧! ただし、あまりにもギャップがありすぎる選曲をしてしまうと「無理をしているかも」と逆効果になってしまうこともあるので、ほどほどに。

 

■6:友達系男子には自分の気持ちに合ったラブソングを!

最後に気持ちを伝えることが難しい友達系男子へのアピール方法です。このタイプの男子とは普段からカラオケに行ったりして、お互いのレパートリーを大体把握しちゃっていたりしますよね? そこで、いつもの選曲の合間に“恋する女性の歌”を混ぜて「私だって女なんだからね」と、こっそりとアピール! 勇気を出せないあなたを、曲がグッと後押ししてくれるかもっ!

例) 『ハート型ウイルス(AKB48)』、『シアワセ(aiko)』、『コイスルオトメ(いきものがかり)』、『慟哭(工藤静香)』

[アドバイス]友達以上、恋人未満が長ければ長くなってしまうほど、気持ちは言い出せなくなってしまうもの。その点、ハート型ウイルスは「友達だと思っていたけど気がついたら好きになっていました」という気持ちを歌った曲で、自分の気持ちを代弁してくれるかわいい歌。他にも“友達から恋人へ”という心境を歌った曲はたくさんありますので、例以外にも自分の気持ちに合った曲を探してみましょう。

 

今まで好きな曲ばかり歌っていたあなたも、どんな曲を歌えば良いのかわからなかったあなたも参考になりましたか?  大事なのは相手がキュンとくる選曲で攻めること。そしてギャップを見せること。このふたつを意識しながらカラオケを楽しめれば、彼の気持ちを自分に向けさせる可能性もグンとアップしますよ!

 

【参考】

※ 
※