こんな普通のも!? 男子に「淫乱認定」されちゃう下着3パターン

夏ということで、露出も多めになってくる季節ですね。「別にわざと見せるわけじゃないけど、万が一見えたときのために……」と、普段から着る下着にも気を使う女性が増えていると思います。 当然男性も、夏には女性の下着を「見えないか…

夏ということで、露出も多めになってくる季節ですね。「別にわざと見せるわけじゃないけど、万が一見えたときのために……」と、普段から着る下着にも気を使う女性が増えていると思います。

当然男性も、夏には女性の下着を「見えないかな~」と期待してチラ見するのは仕方がないことでしょう。でも、その下着が見えた瞬間に、「んげっ、ヤル気満々すぎる!」なんて思われたら損ですよね?

そこで今回は、官能小説家である私が、“淫乱認定されちゃう下着3パターン”をご紹介したいと思います。小説執筆過程のインタビューで多くの男性からいただいた、女性の下着に関する生の意見をご覧ください。

 

■1:Tバック

ダントツで男性が”認定”してしまうのが、Tバックなんです。

女性からしたら、パンティラインを見せないためなど、ファッションの必要性から着ているものなのに、男性はそんなこともわからず「Tバック=淫乱」と即結びつけてしまいます。

男性との初デートのときなどには、極力Tバックは避けるべきでしょうね。

 

■2:ヌーブラ

次は、ヌーブラです。

背中のブラ線や、肩ヒモを見せたくなかったり、谷間を作りたかったりと、ヌーブラもファッションのための下着といってもいいでしょう。

しかし、男性はどうやら「ヌーブラ=ノーブラ好きな女性が着けるもの」という誤解をもっているようです。

 

■3:ガーターベルト&ストッキング

ガーターストッキングと、それを留めるためのガーターベルト。

でも、それがセットになると、男性にとっては“女王様”の誕生です。

勝手にS女認定されて、「そういうプレイが好きなんだな〜……」なんて思われてしまうことでしょう。

もちろん、Mっ気のある男性には大ウケでしょうけど。

 

いかがでしたか?

もちろん、誤解されることが悪いことでは必ずしもありません。エッチな女性が好きな男性も多いですからね!

今回紹介した下着は、用法用量を守ってご使用ください、ということですね。