こんなに危険が…!? 行く前に確認「浴衣デート3大トラブル」

「せっかくだから浴衣でデートしようよ?」 花火大会や夏祭りなど、気になる彼から浴衣デートに誘われることも多いこの季節。でも、かわいい浴衣を準備しただけで安心していませんか? 今回、『Dangdep!』は500人の女性を対象…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「せっかくだから浴衣でデートしようよ?」

花火大会や夏祭りなど、気になる彼から浴衣デートに誘われることも多いこの季節。でも、かわいい浴衣を準備しただけで安心していませんか?

今回、『Dangdep!』は500人の女性を対象に「浴衣デートで失敗してしまったエピソードについてのアンケート」を実施しました(協力:クリエイティブジャパン)。この結果をもとに、浴衣デートではどんなトラブルが待ちかまえているのか、見ていきましょう。

 

■屋台の食べ物トラブル「浴衣が台無し!」

「たこ焼きを食べるとき、ソースが浴衣についてしまった」

「ソースが袖についてしまい、ずっとニオっていて嫌だった」

せっかくのかわいい浴衣にソースがベチャッ。淡い色合いの浴衣だと悪目立ちしてしまいます。そんな屋台での失敗談が多く聞かれました。

特に暑さで溶けたアイスクリームやジュース、ソース系の食べ物が“危険”な様子。普段であれば難なく食べられるような食べ物でも、浴衣で少し動きにくい状態では手元が狂ってしまうことがあるようです。

 

■着付けのトラブル「直せない!」

「着くずれしたが、自分できれいに直せなかった」

「帯が途中で、ほどけてしまって焦った」

デートの途中に浴衣が着くずれしてしまい、それを自分で直すことができず、デートで大変な目にあってしまったという声も多く聞かれました。また「彼とホテルに行ったら、帰るときに着られなくなってしまった」という残念な体験談もいくつかあり、浴衣の着付けは致命的なトラブルに発展してしまうこともあるようです。

デートに出かける際は、帯についての知識だけでもぜひ身につけていってくださいね。

 

■足元のトラブル「歩けない~!」

「下駄の鼻緒でまめができて歩けなくなった」

「雨が降り、裾が濡れて歩きにくかった」

着くずれの問題よりも多くみられたのが意外にも足元のトラブル。普段履き慣れないような下駄で足を痛めたり、大股で歩きすぎて浴衣が着崩れたりと、足元には浴衣デートのトラブル原因があるようです。

下駄で足指の間を痛めないためには、太めの鼻緒を選んだり、かかとは少し出して歩くなど、いくつかのテクニックがあります。ぜひデートの前に調べてみてください。

 

いかがでしたか?

意外にも多くのトラブルが潜む浴衣デート。せっかくのデートを台無しにしないためにも、デートに出かける前に一度着付けの方法などを見直しましょう!

 

【参考】

※ ボイスノートインターネットリサーチ – クリエイティブジャパン