1人はいる!合コンでの自己紹介「よくあるオトコのウソ」3つ

「じゃぁ、まず自己紹介から!」 合コンが始まり、最初の勝負所だといえる自己紹介タイム。「まずは男性陣から……」なんていうのがよくある流れですが、その自己紹介の中に、ちょっとした“オトコのウソ”が混じっているのをご存知です…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1人はいる!合コンでの自己紹介「よくあるオトコのウソ」3つ

「じゃぁ、まず自己紹介から!」

合コンが始まり、最初の勝負所だといえる自己紹介タイム。「まずは男性陣から……」なんていうのがよくある流れですが、その自己紹介の中に、ちょっとした“オトコのウソ”が混じっているのをご存知ですか?

『Dangdep!』が500人の男性を対象に実施した「合コンの自己紹介でついたウソ」(協力:クリエイティブジャパン)の調査によると、なんと男性の2割が合コンでウソをついたことがあると答えたのです。これはつまり合コンで4~5人の男性がいたら、1人はウソをついているという計算に!

では、いったい男性は合コンの自己紹介でどのようなウソをついているのでしょうか?

 

■デキる男に思われたい! “仕事のウソ”

「営業成績をちょっと多めに話したことがあります。仕事が出来るアピールがしたかったので」

「それとなく年収を多く話した」

まず多くの男性が告白したのは、仕事に関するウソでした。職種を偽ったり、場を盛り上げるために仕事の内容を盛ってみたり、収入を多く言ってみたりする傾向があるようでした。自分のプロフィールなどに比べ、仕事の話だとウソがばれにくいという側面も男性に仕事のウソをつかせやすい原因なのかもしれません。

 

■頭が良いと思われたい! “学歴のウソ”

「出身校の頭文字を言って、相手に良い大学と勘違いさせた」

「私立大学卒なのに東京大学卒と言ってしまった」

女性陣にその大学出身者がいたらどうするんだろうと心配になってしまいますが、男性は自分の学歴についてもウソをつくことがあるようです。仕事のことはよくわからなくても、学歴の凄さは全員の中である程度の共通認識があるので、ついつい「頭いいんですね!」と言われたくてウソをついてしまう男性がいるようです。

 

■少しでもイイ男に見られたい! “自分の年齢・身長のウソ”

「周りの男性にあわせて年齢を若くした」

「背が低いので身長を少し高めに言った」

「少し盛った」という意見で多かったのは、年齢や身長についてのウソでした。

「(本当は身長177センチなんだけど……)身長180センチです!」など、端数を四捨五入するようなウソをついたり、すでに誕生日が過ぎているのに1歳若く申告するなど、男性は女性陣に気に入られるためにもウソをつくようです。

 

いかがでしたか?

これらとは別に、「本気の合コンになればなるほど、ウソはつかない」という意見も多くありました。

男性のウソが少ない合コンは、男性陣が本気になっている証拠かもしれませんよ。

 

【参考】

※ ボイスノートインターネットリサーチ – クリエイティブジャパン

 

【画像】

By George Hodan