オトコの趣味が合わない女友達とも意気投合?してしまう、ここは不思議な世界【結婚相談所「男性会員」の実態~その1~】

女同士恋バナで盛り上がっても、オトコの趣味だけは決定的に違っていたり、それがまたガールズトークに火がつく原因になったりしますよね。 「え~そんな人が好きなの?どこがいいの?マニア?見る目ないんじゃ・・・」なんてネタに皆で…

女同士恋バナで盛り上がっても、オトコの趣味だけは決定的に違っていたり、それがまたガールズトークに火がつく原因になったりしますよね。

「え~そんな人が好きなの?どこがいいの?マニア?見る目ないんじゃ・・・」なんてネタに皆で酒を飲んで食いつくのも、女の一興です。

婚活中のある女友達ですが、彼女とはオトコの趣味がいつも真逆で「絶対コンパでも食い合うことは無いね!」とお互い微笑ましいエールを送っていました。

 

ところがそんな彼女が、結婚相談所の会員になった時のこと。

「試しに中見てみてよ~」と言うのでパスワードを借り、私も男性を物色。
一通り検索し終わった後に、せーの!で気に入った男性会員の番号を、メールで互いに一斉送信してみました。

驚いた事に、数千人はいるであろう会員の中からチョイスしたのはお互い5人ずつ。
そしてそのうち4人が全く同じオトコではないですか!

違った1人ずつのオトコに関しては
「あ、その人も素敵だし入れようかと思ったけど、身内が『華麗なる一族』過ぎて、自分とは住む世界が違うからやめた」

「私もこの人イケメンですごく悩んだけど、結構年が若いから入れなかったよ。年齢開き過ぎだと思って・・・」と、俎上には載せていた様子。本人は好感触だけど、条件面で遠慮したということでした。

「で、これだけ?他にはいなかったの?」の質問に、お互い「・・・・・・」と無言になり・・・。

「っていうか、これしかいなくね?」

10年来の友人と、初めて息がピッタリあった瞬間でした。

これがどういうことか皆様お分かりでしょうか?

決して2人ともその5人に関して、さほど好みのタイプを選んだという訳ではありません。
何せ、我々の好みは対極なのですから!

現実性がある人を選んだら、その5人だった(しかいなかった)ということです。

 

そしてその後、彼女が複数の相談所に入会する度、同じ事を実験的に繰り返しました。
結果は全く一緒。

「もしかして結婚相談所とは物凄くパラドックスな世界で、ここは計り知れないパラレルワールドかも知れない」

異空間を前に探究心がムクムク抑えきれなくなったところで、次回から真実の結婚相談所のオトコの実態を続々と解明していきたいと思います。