こんな立派に!「ぶりんぶりんおっぱい」を1日5分で作る方法

  胸が小さい、形が悪い、固い……。そんな悩みを密かにハートに秘めている女性も少なくないはず。 筆者も「もう少し立派なおっぱいだったら」と何度思ったことか……! そこで本日はおっぱい番長こと『おっぱい番長の「乳…

 

こんな立派に!「ぶりんぶりんおっぱい」を1日5分で作る方法

胸が小さい、形が悪い、固い……。そんな悩みを密かにハートに秘めている女性も少なくないはず。

筆者も「もう少し立派なおっぱいだったら」と何度思ったことか……!

そこで本日はおっぱい番長こと『おっぱい番長の「乳トレ」』著者で、美容家・経絡整体師の朝井麗華さんに、“ぶりんぶりんなおっぱいを手に入れる方法”を伺ってきました!

 

乳トレってなに?

「乳トレは、“胸を柔らかくする”メソッドとは少し違います。それはよくある巷のバストマッサージで得られると思います。

私の提案する“乳トレ”は、“バスト周りの筋肉を柔らかくして本来あるべき状態へ導く”メソッドです。

現代人はストレスや生活習慣、食生活、姿勢などで体は凝り固まり、本来の快適な状態から遠ざかっている方がほとんどです。体内で起きている不具合を取り除いて、元気がなくなってしまっているバストを“本来あるべき姿に復活させよう”というのが“乳トレ”なのです。」

 

乳トレのやり方

「(1)バストくるくる→大胸筋のこわばりをほぐす。

まず、右手の平でバストを下から支える

次に、左手の4本の指でくるくる円を描くようにバスト上部を内側から外側へマッサージする。逆も同様に行う(片方の胸につき30秒が目安です)。

(2)親指ブスブス→大胸筋を深部から緩める。

右手の親指で、左のバストトップから上をブスブス押す。骨の間に指を押し込むような感じでやる(片方の胸につき30秒が目安です)。

(3)八の字ぐりぐり→お腹をほぐして胸の経絡を調整する。一番下の肋骨に4本の指をぐっと差し込み、30秒ほど持ち上げるようにする。

どの場合も、滑りをよくするためにクリームやオイルを塗って行ってくださいね。

“親指ブスブス”はいつでもどこでも出来る簡単技なので、これを常々やる癖を付け、実践していけば、胸は確実に変化します」

 

乳トレを続けることで、胸が美しく柔らかくなる他に、体にどんな良いことが起こるの?

「胸の筋肉(大胸筋)が固くなっているということは、その周りの筋肉にも影響が及んでいます。

胸を柔らかくすることで、バストの位置が上がることはもちろん、肩こり解消、肩甲骨・肩関節の可動域が上がる、姿勢が良くなるなど良いことだらけです。

乳トレは肋骨の筋肉にもアプローチするので、外側に引っ張られる力をカットし、離れ乳が前向きになりウエストもクビレます。

胸周りが整うと、胃腸の調子も整いやすく、ぽっこりお腹防止にもなりますよ」

 

いかがでしたか?

今日から“乳トレ”を開始して、美しいおっぱいとクビレをゲットして、イケメンの彼氏もゲットしちゃいましょうね!

 【取材協力】

※ 朝井麗華(あさい れいか)・・・美容家・経絡整体師。美しく健康になるプライベートサロン『』主宰。臨床検査業界を経て、アロマセラピーや東洋医学を学び、中国整体推拿療法の素晴らしさに目覚める。現在、ゴッドハンド・カリスマとメディアから評され、施術の他、独自技術のスクール、美容健康に関するセミナー、メディア等で専門家としての講師業も行う。著書に『』(講談社)がある。他に、おっぱい番長の「」検定監修など。


価格:1,404円(税込、送料込)