お財布を●●にしてる!「お金に愛されるリッチマン」の特徴5つ

できるものならば、富裕層の男性とお近づきになりたくはありませんか? 今回は、『なぜかお金を引き寄せる女性 39のルール』の著者ワタナベ薫さんに“富裕層とそうではない人の違い”について聞いてきました!   ■1:…

お財布を●●にしてる!「お金に愛されるリッチマン」の特徴5つ

できるものならば、富裕層の男性とお近づきになりたくはありませんか?

今回は、『なぜかお金を引き寄せる女性 39のルール』の著者ワタナベ薫さんに“富裕層とそうではない人の違い”について聞いてきました!

 

■1:お金が好きだとハッキリ言う

「職業柄、年収1億円以上の方とご一緒させていただくことが多いのですが、彼らに共通するすることは“お金が好き”だとハッキリ言うことです。

それだけではなく、こんなビジネスをするとこれだけ利益が出るなど、お金に対してとてもオープンです」

 

■2:留めずに流している

「お金を欲しいと思うと、とにかく“貯めよう”とする方がいますが、お金は貯めるものではなく“流す”ものです。流れを止めれば、入ってくるお金も止まります。

“入る”から“出す”のではなく、“出す”から“入る”のがお金の法則であり、そのことを富裕層の方たちは熟知されています。

私自身、数十万円の自己投資の翌月に、同額の仕事が入りペイできた経験は何度もあります。

ただし、やみくもにお金を遣えば良いということではなく、自分がコレだ!と思った“ワクワクするもの”“持っているとテンションがあがるもの”などに遣い、悩んだときにはやめるのが賢明です」

 

■3:お財布を大切にしている

「お金持ちの方たちは、大好きなお金を大切に扱うだけではなく、お金を入れる“お財布”をとても丁寧に扱っている上に、お金が窮屈に感じないようにカードは数枚しか入れていません。

某有名海外ブランドの会長は、お財布だけではなくカバンや靴もいつも綺麗ですが、聞くと20年も使っているものだったりするから驚きです。

お財布に留まらず、自身の周囲のものを大切に扱うことがお金を引き寄せる習慣で、お金持ちかを見分けるひとつのポイントになります」

 

■4:Give&Takeを求めない

「何かしてあげたり、ご祝儀をあげると“同じだけ返す”という考え方が一般的ですが、富裕層の方々は“あげて満足”というお考えをお持ちです。要は、Give&Giveなんです。

私は彼らに一度もお返しをしたことがないですが、どんどんくれます。

では、私はもらいっぱなしなのかというとそうではなく、他の必要であろう場所で私も“Give&Give”をしています。もちろん、あげて満足“Giveで完結”の精神です。

そういう精神を身につけられたときに、必要なときに必要な収入や恩恵を受けられる人、お金にも異性にも愛される人になるのです」

 

■5:お金に関してやその周囲の悪口は絶対に言わない

「あなたの収入源は、何ですか?

専業主婦の方は旦那さまの収入だけで生活をしている方もいらっしゃると思いますが、きちんと感謝の気持ちは伝えているでしょうか。

お金自体にマイナスの感情を抱くのと同様に“どうしてこれしか稼いでこれないの”など、お金の出所である旦那さまへの悪口も絶対にNGです。

旦那さまに“いつもありがとう”と感謝の気持ちを伝えていると、お金にも良い周波数が伝わり、少しずつ収入は増えて行くものです」

 

いかがでしたか?

リッチマンを見分ける方法として、また、ご自身がお金にも男性にも愛される女性になるべく参考にしてみてくださいね!

 

【取材協力】

※ ・・・1967年5月30日生まれ
株式会社WJプロダクツ代表取締役。『』他著書多数。美容、健康、メンタル、自己啓発、成功哲学など、女性が内面外面からキレイになる方法を、独自の目線で分析して配信しているメンタルコーチ。


価格:1,404円(税込、送料込)