「女性への免疫がない男性」の傾向と対策 その1~3

今回は、前回書いた「女性への免疫がないタイプ」は、『お見合い』でも結婚できない!? の実例をあげていきたいと思います。 女性への免疫がない男性の傾向&アドバイス 【その1】自己プレゼン力に乏しい 自分のコトを聞かれると途…

今回は、前回書いた「女性への免疫がないタイプ」は、『お見合い』でも結婚できない!? の実例をあげていきたいと思います。

女性への免疫がない男性の傾向&アドバイス

【その1】自己プレゼン力に乏しい

自分のコトを聞かれると途端に静かになり、例えば趣味などを聞いても、「いえ、僕は特に何も」「これといった趣味はないです…」「大したコトないんで…」と、謙遜して黙りこくる。自分アピールの準備ができていない。
⇒たとえ誰かが間に入ってくれる「お見合い」であっても、自己アピールができなきゃ確実に成功率はダウンします。「どんな人か分からなかった」と、断りの電話が入るでしょう。もはや明日は面接なのだ!と割り切って、自分のアピール項目を整理整頓してみて。文字に書き起こしてみるのもいいかも。


【その2】過度に女性をおそれている

「最近の女性はみんな強いな…」と思っている男性は要注意。その気持ちは相手に伝わっています。妙にキョドキョドした態度を取っている男性は、女性に苦手意識を持っているコトが多い。もちろん会話もこわごわなので、相手の女性はまったく楽しくありません。
⇒女性は、人を襲うクマでもなけりゃ虎でもない。怖がられると、女性は戸惑ってしまうもの(逆に強く出てしまう女性もいる)。女性を強くさせているのは自分なのだ!と気づいてください! あと、オドオドした態度の男性は、単純に「頼りない」と思われるので、お見合いにはマイナス。

 

【その3】なんでも同意すればいいと思っている

「うん、うん」「僕もそう思います」と、女性が言うことには、すべて同意するのも免疫のない男性の特徴。ほどよい同意は女性も嬉しいけれど、知らない事柄をも「あーあー、知ってる」と適当に合わせてしまう。
⇒今まで他人同士だった二人なのだから、知識のジャンルは違ってあたりまえ。なんでも同意する必要はまったくナシ。「嫌われるのがコワくて」(38歳・男性)という方もいましたが、上っ面だけ合わせてくれても確実にバレます。「薄っぺらいオトコだなー」と思われるのがオチ。「へえ、知らなかったです。詳しく聞かせてくれますか」と素直に質問すればいいだけのこと。小さな見栄は、大きな獲物を逃します。

 

続いて次回は、

【その4】女性はこんな生き物だ、と想像で決めつける 
【その5】恋愛経験がないのに、プライドが高い 男性の検証&対策

をお届けします!