編集長直伝!「MENS KNUCKLE(メンズ・ナックル)」系男子の攻略法

「長生きしたい女にオレを愛する資格などない」や「ガイアが俺にもっと輝けと囁いている」などの数々の名キャッチコピーがネット上で話題になっている『MENS KNUCKLE(メンズ・ナックル)』。 『メンナク』の愛称で親しまれ…

「長生きしたい女にオレを愛する資格などない」や「ガイアが俺にもっと輝けと囁いている」などの数々の名キャッチコピーがネット上で話題になっている『MENS KNUCKLE(メンズ・ナックル)』。

『メンナク』の愛称で親しまれるこの雑誌では、黒を基調とするちょっと不良っぽいファッションに身を包んだ主に10代後半から20代前半の男性モデルが数多く登場します。

プロだけでなく、読者モデルもいるのですが、挑発的なキャッチコピーも相まって、彼らはちょっと別世界の人間のように感じてしまいます。でも、Dangdep!読者のなかにも、ひそかに「こんなカッコイイ彼氏を連れてみたい!」と感じている人はいるのではないでしょうか?

そこで、彼らと恋に落ちるにはどうしたらいいのか? 同誌の編集長・篠塚雅也氏にメンナク男子の攻略法について尋ねてみました。


■メンナク男子の好みの女性とは?

まず、気になったのは、メンナク男子の好みのタイプ。

メンナク誌面に登場する女性モデルは、おしなべて“ギャル系”のルックスなのですが、たとえばアラサー女子は恋愛対象外になってしまうのでしょうか?

篠塚編集長によると、メンナク男子といっても普通の若い男に変わりはないので、やはり今風のギャルがお好みとのこと。

とはいえ、個人の好みは千差万別なので、アラサーのOLや、オタ系女子でも、メンナク男子と恋に落ちる確率はゼロではない模様。

ここで、篠塚編集長の口から意外な事実が判明。なんとメンナク男子は、年上のOLなど、あまり接したことのないタイプの女性には委縮してしまうのだそうです。

キャッチコピーのイメージで、メンナク男子といえば、“俺様”ノリでどんな女性にも臆することがないと思いきや、ちょっとカワイイ面もあるんですね。

なので、非ギャル系の女性。特に、年上の女性がメンナク男子と恋に落ちるには、まずは女性のほうからアプローチをかけるべし! 別世界にいるような彼らに対し、まずは女性のほうからオープンな姿勢を見せれば、彼らとの距離はぐっと縮まるはずです。


■メンナク男子と出会うには?

「メンナク男子と恋に落ちたいけれど、自分の身の周りに該当者がいない!」という場合は、一体どうしたらいいのでしょう?

篠塚編集長によれば、彼らと出会うきっかけ作りは“クラブ活動”。クラブって、バレーボールとか文芸とかじゃなくて、あの夜に活動するほうのクラブです。

クラブ通いをすれば、メンナク男子と出会えるチャンス! 身近におしゃれでカッコイイ男子がいないという女性は、ぜひクラブに足を運びましょう。

その際は、大胆なエロめなの服装で行くのがポイント。クラブだと、たしかに照明が暗いことが多いので、女性は体のラインで判断されやすいです。ギャルに負けないよう大人の色気をアピールできる衣装にチャレンジすべし。普段は地味めなスーツで働いている女性も、クラブ限定で別人格を演じてみるのはいかがでしょう?

運よくメンナクのモデルらしき人物を見つけたら、思い切って「いつも雑誌見てますよ!」って声かけちゃうのもあり。

「え? モデルさんに声かけていいの?」と思うかもしれませんが、篠塚編集長によれば「全然OK。むしろ喜ぶと思いますよ」とのことなので、突撃あるのみです。

もし人違いだったらどうなのかって? それはそれで「モデルに間違えちゃうくらいカッコイイ!」って褒め言葉なので、相手は悪い気はしないはず。そこから恋が始まるかもしれません。

さらに、篠塚編集長曰く「女性から奢るのもアリですね」とのこと。メンナク男子はエロくて気前のいいお姉様なら食いついてくる可能性が高いそうなので、カッコイイ男の子に声をかけてみて、感触が悪くなかったら、ぜひ食事を奢りましょう。

 

そんな『MENS KNUCKLE』は毎月24日発売。今なら最新の2011年10月号が書店に並んでいるので、ぜひお気に入りの男子をチェックしましょう! お気に入りが見つかったら、エロめな衣装でクラブ通いをすれば、あなたもメンナク男子と恋に落ちることも夢ではありませんよ!

 

【参考】