お花見で「ガチ大和撫子?」と思われちゃうイイ女度UPの3フレーズ

桜が満開となり、お花見シーズン真っ只中! これを逃すなかれ。お花見は、密かに思いを寄せる彼や、彼の友人に「お! 良い女。大和撫子っぽい」なんて思われる絶好のチャンス。 本日はお花見で言いたい“桜に関する美しい言葉”を3つ…

桜が満開となり、お花見シーズン真っ只中!

これを逃すなかれ。お花見は、密かに思いを寄せる彼や、彼の友人に「お! 良い女。大和撫子っぽい」なんて思われる絶好のチャンス。

本日はお花見で言いたい“桜に関する美しい言葉”を3つご紹介! よーく記憶してお花見でつかってくださいね!

 

■桜人(さくらびと)

桜人とは、桜を愛でている人のことです。

彼が桜を眺め、美しさに感慨深そうな表情を浮かべていたら「おぉ!桜人だね〜。いいねいいね~。私のことも愛でて。な~んてね。」と言って、そそくさとお隣ゲット!

彼と一緒に「桜キレイだね~」と言い合ったりして、桜人を満喫しても良いかもしれないですね。

 

■零れ桜(こぼれざくら)

零れ桜とは、散る桜のことです。

散る桜を見て「零れ桜キレイ。すぐに散って儚いね」なんて話したり、零れ桜を地面に付く前に手に取る“零れ桜掴み大会”をしてみたりしても良し。

「零れ桜を先に取ったほうに、今度ご飯をごちそうする。よーいスタート」と始めちゃいましょう。

負けたって、これで次回のデートの約束にこじつけますからOKです。

男性は一生懸命な女性が好きです。本気でやりましょう。

 

■花明かり(はなあかり)

花明かりとは、美しく群れ咲く桜の花のために、夜でも明かりを灯したように明るく見えることです。

「花明かりパワーと●●くんのパワーが相まって、夜なのに明るい。ね」なんて言って、空を見上げれば風流女子。そして大和撫子っぽさ100万倍。

夜桜の下って、それだけでロマンチックですから、彼と桜を見上げて桜餅でも食べながら“美しい桜に関する言葉”をまじえ、たくさん語らってみては。

 

いかがでしたか?

桜に関する美しい言葉をつかいこなせば、大和撫子っぽさ100万倍で、良い女度もグッとアップします。

こちらを参考に、お花見で彼との距離を一気に縮めちゃいましょうね。