言わなきゃ大損する!モテる女はみんな言ってる「座右の銘」5つ

皆さんもたまに飲み会などで、男性から座右の銘を聞かれることがありますよね。そんな時、どう答えるでしょうか? 備えあれば憂いなし? 継続は力なり? いやいや……そんな肩肘張った座右の銘ではモテから遠ざかるばかり。肩が凝りそ…

皆さんもたまに飲み会などで、男性から座右の銘を聞かれることがありますよね。そんな時、どう答えるでしょうか? 備えあれば憂いなし? 継続は力なり?

いやいや……そんな肩肘張った座右の銘ではモテから遠ざかるばかり。肩が凝りそうな座右の銘は、バリバリ仕事のできる人を演出したいなら良いですが、モテるためには逆効果です。

そこで今回は、対人交渉歴20年を超えるベテランコミュニケーションネゴシエーターの江口信也さんに“モテる女の座右の銘”を5つ教えてもらいました。

 

■1:棚から牡丹餅

「座右の銘というのは、そもそも自分の戒めとする言葉のこと。したがって、たいていの人は努力を讃美する言葉を座右の銘とします。

しかし、そこで意外性を狙って“棚から牡丹餅”と答えてみてはどうでしょう? 仕事中は努力する男性も、プライベートでは息抜きをしたいもの。そんな男性の心の隙間に牡丹餅をねじ込みましょう」

 

■2:触らぬ神に祟りなし

「常日頃からこの言葉を口にして、やりたくない仕事は“触らぬ神に祟りなしなんですぅ”と言って、切り抜けましょう。“俺が助けてやらねば!”という同僚男性のマッチョイズムを刺激して、モテ度アップ間違いなしです」

 

■3:笑う門には福来たる

「オールマイティーに好印象なのがこれ。ただし、“私の座右の銘は、笑う門には福来たる、なんです! ワッハッハッ!”とやってしまうのは禁物。

この場合は、にっこりとほほ笑むのが正解です」

 

■4:石橋を叩いて渡る

「慎重な性格をアピールすることで、小動物のような可愛らしさが生まれます。“石橋を叩いて渡る”という座右の銘から、男性の妄想は膨らむばかり。“石橋になりたい!”“叩かれたい!”とう男性が押し寄せることでしょう」

 

■5:鮑(アワビ)の片思い

「これは片思いをシャレて言った言葉。鮑(アワビ)と聞いただけで、妄想力たくましい男性は“もしかしてアレのことかも?”と血流量を増大させることでしょう。

そしてすかさず片思いというフレーズ。男性は“もしかしてオレのことかも?”と勘繰りスパイラルに陥ることでしょう」

 

以上、“モテる女の座右の銘”を教えてもらいましたが、いかがでしたか?

皆さんもこれらの言葉を心に刻んで、今日から口に出していきましょう!

 

【取材協力】

※ 江口信也・・・コミュニケーションネゴシエーター。大学院でコミュニケーションを学ぶ傍ら、その類まれなる語学力を活かし、世界中のディスコミュ案件を解決してきた交渉人。あえて実家で暮らしている。