うわっ…チョロすぎ「ピュアな年下男子」を簡単に落とす方法

恋愛のドロドロを知らぬ、ピュアな年下男子。澄んだ瞳と、嘘偽りのない言動に、胸がキュンキュンしてしまいますよね。 そこで今回は、年の差恋愛の専門家である筆者・森永あずきが、元N0.1キャバクラ嬢・あかねさんにインタビューを…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛のドロドロを知らぬ、ピュアな年下男子。澄んだ瞳と、嘘偽りのない言動に、胸がキュンキュンしてしまいますよね。

そこで今回は、年の差恋愛の専門家である筆者・森永あずきが、元N0.1キャバクラ嬢・あかねさんにインタビューを決行。“ピュアな年下男子を落とす方法”を2つ教えていただきました。

 

■はじめに:相手の年齢に応じた対応をする

あずき「男性とコミュニケーションをとるうえで、一番重要なことって何だと思いますか?」

あかね「相手の年齢に応じた対応をすることね。“キャバ嬢の喋り方は品がない”と思われがちだけど、そんなことは全然ないわ。だって、年上の人に失礼な口を聞いたら、大目玉を食うことになるんですもの」

あずき「一般社会でも同じことが言えますね。みんな、年相応の振る舞いをしているし、相手にもそれを求めています」

あかね「相手が年上だと、色々と気を遣わなくちゃいけなくて、すごく面倒。だけど、ピュアな年下男子なら、いとも簡単に落とすことができるわ」

 

■上司と一緒にいる場合:半人前の男として扱う

あかね「キャバクラはお金のかかる場所。20~25歳の若いお客さんは、上司に連れられてくる場合が多いの」

あずき「一般社会でも、飲み会に上司がいるのは自然なことなので、同じようなシチュエーションといえますね。そんなとき、あかねさんはどう振る舞うんですか?」

あかね「お金を払うのは上司だから、当然、対応が大きく変わるわ。お供の男性に対しては、“正面から向き合わないけど無視はしないで、ときどきかまってあげる”というスタンスを取るの。上司に連れられてくる時点で、“自分は半人前の男”という自覚があるから、場の雰囲気を崩さないことが第一よ」

あずき「確かに、飲み会でも“●●さん(年上女性)のおかげで、上司も自分も気持ちよく過ごせた”となると、好印象を与えることができますね」

 

■一対一の場合:プレゼントを渡す

あかね「続いては、一対一の場合ね。プレゼントを渡しちゃいましょう」

あずき「プレゼント? 急にハードルが上がりましたね」

あかね「働いている独身女性なら、それなりの貯蓄もあるし、大丈夫でしょ?」

あずき「ううむ。わたしのようなフリーライターは預金通帳と毎日にらめっこしていますが、確かに、同世代の友人(26~30歳)はそこそこ稼いでいますね」

あかね「私の場合は、高級ネクタイをプレゼントして、“なんて親切なお姉さんなんだろう。これからも、ついていきます”と忠誠を誓わせるのよ。それがやがて、恋心に変わるってわけ」

あずき「ピュアな年下男子の心を弄ぶなんて!」

あかね「ふふ。これが元NO.1キャバ嬢のテクニックよ」

 

インタビューは以上です。いかがでしたか?

ピュアな年下男子を彼氏にできたら、鼻高々。ぜひ、あかねさんのテクニックを参考にしてくださいね。

 

【取材協力】

※ あかね・・・元キャバクラ嬢。10代からキャバクラに勤め、20代前半では東京・新宿の有名店でNo.1になる。『No.1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術―プロが使っている“愛されるおしゃべり”』では、自身の経験を生かした会話術を紹介している。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】No.1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術 [ あかね ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】No.1キャバ嬢の誰とでも楽しく話せる技術 [ あかね ]
価格:1,512円(税込、送料込)


Этот важный интернет-сайт с информацией про Купольная посудомоечная машина купить www.apach.com.ua