ピース又吉が受賞したのは?「芥川賞と直木賞」どっちが難しいか

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が『火花』で芥川賞を受賞したことで世間の話題は文学一色ですが、でも正直、文学とかってよくわかりませんよね。男性と本の話をしていても、ちんぷんかんぷん……なんて女性も多いのではないでしょうか。…

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が『火花』で芥川賞を受賞したことで世間の話題は文学一色ですが、でも正直、文学とかってよくわかりませんよね。男性と本の話をしていても、ちんぷんかんぷん……なんて女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は『Dangdep!』が過去に紹介した情報を参考にしながら、読書が好きな男性と文学の話をしても恥をかかないようにするため、押さえておきたいポイントについてみていきたいと思います。

 

■1:とりあえず“芥川賞”と“直木賞”の違いを知る

今回、又吉の『火花』が受賞したのは“芥川賞”です。これは優れた純文学を書く新人作家に送られる賞で、もう一つの“直木賞”とはエンターテイメント系の作品を書く中堅作家に送られる賞です。

まずは「難しい文学を書く新人には芥川賞」、「エンターテイメント系の中堅作家には直木賞」と覚えておきましょう。

 

■2:お手軽なブックランキングから押さえていく

男性から「この子、読書好きなんだな」と認定してもらうためには、ブックランキングを参考にしながら読む本を決めていくことが簡単です。

時間がないという人でも“あらすじ”くらいならすぐに押さえられますし、売れ筋の本や話題の本などを軽く読んでおくだけでも、彼の反応はまったく変わってきます。(これだけ読めばOK!? 男子に「読書好きな女子」と思わせられる一冊

それにランキングに入る本は、やはり面白いからこそランキングに入っているので、読んでも損をすることはありません。

 

■3:読書感想には“プロット”という言葉を使う

男性と本の感想を言い合う際に、ただ「話が面白かった」と言うだけでは小学生と同じです。彼に一目置いてもらうためには、まず“プロット”という言葉を使いましょう。

“プロット”とは物語の構成のことを指す言葉で、小説のストーリーに矛盾があった際などに「プロットが破綻している」というように使います。

逆に、話が面白かった場合、「いいプロットだった」と言うだけで、読書好き男子は「この女、デキる!」とあなたを見る視線が変わってきます。(読書の必要なしッ!「文学男子」をビンビンに反応させる言葉7つ

 

■4:彼の好きな本だけ読んでいく

読書好きの男性の興味を惹くために最も簡単にできるのが、彼の好きな作家や作品を調べてそれだけを読んで挑むというテクニックです。

読書好きの男性は「同じ作者が好きだったら内容について議論したい」という欲求があり、目の前に自分の好きな作品を読んだことがあるという女性が現れたら、他の本は何も読んでいなくても「この女、良いセンスしてるな!」と、あなたに好感を持ってくれます。

 

いかがでしたか?

“文学”というと難しいイメージがありますが、実際には大したことはありません。「気になる彼が読書好きだったから」というのも読書を始める際の立派な動機ですよ。

 

【参考】

※ 趣味は読書です!そんな女性は「アレが好きな男性にモテる」と判明 – Dangdep!


Нашел в интернете важный портал , он описывает в статьях про Comanche Tomahawk 27.5 https://velotime.com.ua