今日のオレどうだった?男が「ピロートーク」で話したい内容4つ

男性とのベッドタイム。布団を被ってから眠りに落ちるまで少し時間がありますよね。そんなときに男性と交わす会話、“ピロートーク”ですが、男性はその時間にどんなことを話したいと思っているのでしょうか? 今回は『Dangdep!』…

男性とのベッドタイム。布団を被ってから眠りに落ちるまで少し時間がありますよね。そんなときに男性と交わす会話、“ピロートーク”ですが、男性はその時間にどんなことを話したいと思っているのでしょうか?

今回は『Dangdep!』が500人の男性を対象に実施した「ベッドタイムでの会話について」(協力:クリエイティブジャパン『ボイスノート』)の調査をもとに、男性が眠る前に女性と話したい話題についてみていきたいと思います。

 

■今日のオレどうだった?

「エッチな話は盛り上がる」

「プレイ内容について」

やはり女性と同じベッドで寝ていて男が考えることは1つ、エッチな会話がしたいということでした。もうエッチを終えているのならば、その感想や内容について話がしたいと思っている男性が多いようです。

やはり「今日は良かったよ」と女性に褒められて、いい気分で眠りにつきたいと考えている男性が多いのかもしれません。

 

■女性を褒めてあげたい

「末長く付き合うため、愛していることを丁寧に繰り返し表現することが重要」

「ひたすら女性の体を褒めます」

男性のなかにはピロートークを通じて、女性に心地よい時間を提供してあげたいと考えている人もいるようでした。隣に眠る女性の頭を撫でながら、甘い言葉を囁く……まるでドラマのようです。

エッチのあとであれば女性の身体を褒めることもできますし、薄暗いベッドの上であればこそ、普段は言えないような褒め言葉も口にすることができるのでしょう。

 

■“たわいない世間話”で十分

「たわいもない話、かしこまらないほうがよい」

「特に話したいことはないので世間話」

脳は睡眠に向かっているわけですから「難しい話などできない!」と考えている男性も多く、たわいもない話題で1日を終えたいと考えている男性もいるようでした。

確かにピロートークの最中いつ眠りに落ちてしまうのかわからないわけですから、大事な話をするには不向きなタイミングです。

どうでもよい話をしながら、いつの間にか眠っていた……幸せなシチュエーションですよね。

 

■なんでもいいので女性から話しかけてほしい

「女性が一方的に話してほしい」

女性に愛を囁く男性がいる一方、女性のほうから話をしてほしいと考えている男性もいました。彼らは口下手だったり、話題がなかったりとピロートークで何を話してよいのかわからないというタイプが多いようで、ベッドの上で気まずい雰囲気にならないためにも女性から話題を振ってほしいと考えています。

女性に話してほしい話題として「毎日、相手の新鮮な情報に触れたい」と、その日にあった出来事を挙げている男性もおり、眠る直前に今日あった出来事を2人で振り返ってみるのもよいかもしれません。

 

多くの男性は眠る前に、女性とピロートークで交流を深めたいと考えているようです。これらの情報を参考にして、就寝の前に男性との交流を深めていってくださいね。

 

【参考】