一緒にアレをする!? 広瀬すずに学ぶ「小動物女子」になる方法3つ

ドラマやCMに引っ張りだこの女優といえば、広瀬すず。 カンヌ国際映画祭に出品された映画『海街diary』では、四姉妹の末っ子“浅野すず”を演じました。 今回はこの映画を参考に、広瀬すずに学ぶ“小動物女子になる方法”をお教…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマやCMに引っ張りだこの女優といえば、広瀬すず。

カンヌ国際映画祭に出品された映画『海街diary』では、四姉妹の末っ子“浅野すず”を演じました。

今回はこの映画を参考に、広瀬すずに学ぶ“小動物女子になる方法”をお教えしましょう。

 

■1:人見知りな性格を変えていく

すずは、複雑な家庭環境の影響もあり、人見知りで遠慮がちな性格をしています。

しかし、三人の姉と出会い一緒に暮らすことで、外向的な性格に変わっていきます。

小動物はみんなそうですよね。チワワのような小型犬も最初のうちは警戒しますが、一緒に過ごす時間が増えれば増えるほど、人懐っこくなるものです。

 

■2:運動神経が良い

すずは中学生。サッカーチームに所属し、男の子と一緒にボールを追いかける毎日を送っています。しかも、エースとして活躍するほどの実力者です。

映画を観て驚いたのは、広瀬すずの運動神経の良さ。まるでリスのように、フィールドを動き回ります。

「私、運動苦手~」という女性と「一緒にサッカーしたい!バスケもしたい!」という女性……どちらがモテるか、分かりますよね。運動神経が良くない人は、スポーツジムなどで鍛えましょう。

 

■3:イタズラっぽい笑顔

お風呂上がりのすずが、縁側のほうを向いて、体に巻いたタオルをほどくシーンがあります。それを見た姉(綾瀬はるか演じる“香田幸”)は「人が来たらどうすんの!」と叱ります。

そのとき、すずは白い歯をチラリと覗かせて、イタズラっぽい笑顔を浮かべるのです。まるで、子ウサギのようでとってもキュート。

CMにも使われているシーンなので、映画を観たことのない人もご存じかもしれません。世の男性は「うう、たまらん」と唸ったことでしょう。

 

いかがでしたか。

大人気の女優、広瀬すず。彼女の演技から、モテテクニックを盗んじゃいましょう。

 

【参考】

※ 映画『海街diary』公式サイト