華麗にスルー!モテ子が「絶対に返信しない」LINE3パターン

LINEを恋愛アイテムとしてしっかり使えていますか?  LINEなど、コミュニケーション手段がどんどん簡易化され、いつでも気軽に相手に連絡することができるようになりました。LINEはチャットのように話ができるので重宝され…

LINEを恋愛アイテムとしてしっかり使えていますか? 

LINEなど、コミュニケーション手段がどんどん簡易化され、いつでも気軽に相手に連絡することができるようになりました。LINEはチャットのように話ができるので重宝されていますが、誤解が生まれやすいのもまた事実……。

ただ、やはりLINEは効果的に使えば、恋愛の駆け引きの重要なツールとして使えるのです。今回は男心を巧みに操るプロのホステス雅さんに、あえてスルーすべきLINEのパターンを教えてもらいました。

 

■1:相手が覗きスタンプを頻繁に送ってくるとき

「寂しがり屋や、構ってちゃんの男性の場合、何度も壁の影から覗くようなスタンプを送ってくることがあります。最初は、“どうしたの?”などと返してもいいのですが、その返答にもスタンプしか送ってこないようなら、そこからはしばらく無視しましょう。

相手からのスタンプ攻撃がやんだあと、普通の会話に戻ったときには、怒るなどしないようにします。いつまでも付き合っていると疲れてしまいますが、無視することでより、相手に自分を意識させることもできますよ」

スタンプだけで、意味がわからないときって困りますよね。女性同士ならまだしも、男性からのスタンプ攻撃は嬉しい反面少しうっとうしいです。相手の注意をひきたければ、自分のペースに相手を巻き込んだ方がいいようです。

 

■2:会話の途中で突然

「LINEは始まってしまうと、ずっと会話が続くこともしばしばあります。その会話の途中で会話の中身がなくなってきたなと思ったら、“あ”とか“うーん”と送ってから、しばらく返信をやめます。

そうすることで返信が来ない間、相手はあなたが何をしているのかすごく気になります。時間がありあまっているなら、会話を惰性で続けてもいいですが、意味の無い会話を続けるより、あなたの秘密の時間をほのめかす方が相手は自分に興味をもってくれます」

確かに、急に返信が来なくなったら気になってしまいますね。それをわざとやるのは少し勇気がいりそうですが、一度試してみてはいかがでしょう。

 

■3:ネガティブ発言が続くとき

「男性からのネガティブなLINEは、あなたに甘えている証拠なので基本的にはGOODです。ただし、それがあまりにも続くようなら、心を鬼にして一度返信をやめるのも必要です。

ネガティブになっているときには、どんなに励ましてもネガティブですし、1人で考えてもらう時間を与えた方が解決しやすいこともあります。相手を強くするための躾として重要ですよ」

躾って……(笑)。ですが、確かにネガティブなことをずっと言われ続けるとこちらもまいってきてしまいますよね。気分を入れ替えるには時間が必要なこともあるので、ある程度の愚痴を聞いたら、その後は放置して相手の回復を待ちましょう。

 

LINEって返すタイミングなどがすごく難しいですよね。今回教えてもらった方法は相手の性格などを考慮しながら使ってみると、相手の関心が自分に向きやすくなるかもしれません。

恋愛の駆け引きの方法としてぜひ使ってみてくださいね!

 

【取材協力】

※ 雅・・・新宿歌舞伎町にあるお店で働いているホステス。ハプニングバーで働いたことからMな男性を操るのが得意。容姿端麗で留学経験をもつ才女。モットーは「お酒を操る女はモテる」。