高級レストランより大変!? 男がチェックする「女の居酒屋作法」

「この子、マナーがなってないな」 気軽に行ける居酒屋とはいえ、食事は食事。最低限のマナーがなっていないと、男性から変な目で見られてしまい、せっかくのチャンスをふいにしてしまいます。 今回はそんな“男が幻滅する女性の居酒屋…

「この子、マナーがなってないな」

気軽に行ける居酒屋とはいえ、食事は食事。最低限のマナーがなっていないと、男性から変な目で見られてしまい、せっかくのチャンスをふいにしてしまいます。

今回はそんな“男が幻滅する女性の居酒屋での作法”について『Dangdep!』が500人の男性を対象に実施した「女性との居酒屋デートについて」(協力:クリエイティブジャパン『ボイスノート』)の調査をもとに見ていきたいと思います。

 

■1:あれもダメ! これもダメ! “好き嫌いが激しい”

「料理の好き嫌いが激しい」

「食べ物の好き嫌いばかり言う」

調査の中で「居酒屋デートで女性がしているとゲンナリすることは何ですか?」という質問を行ったところ、“好き嫌いの激しい女性は一緒に飲みにいって幻滅してしまう”と答えた男性が多く見受けられました。

アレルギーや本当に食べられないのならともかく、ただの好き嫌いでメニューを却下しているのならば、それはメニューを選ぶ男性にとってストレスになりますし、お店にも失礼です。

「あれもダメ、これもダメ」と言われ続ければ、男性は好きな食べ物を選べず、気分を害してしまうようでした。

 

■2:喫煙は食事を終えてから

「料理を前に平然とタバコを吸う」

「食事の途中にタバコを吸う」

お酒を飲みながら煙草が吸いたくなる気持ちは理解できますが、料理がテーブルに運ばれてきたタイミングですぐに料理を食べようとせずタバコばかり吸っているのはNGです。

料理は出されたらすぐに食べるのがマナーです。煙の中では食事をしたくないという男性もいるかもしれませんし、タバコを吸うのは料理がなくなったタイミングにするのが無難だと言えそうです。

 

■3:食べ終わった皿を整えない

「食べ散らかして、お皿を片付けない」

「お皿を店員さんが持って行きやすいようにしない」

フルコースのレストランならば、お皿はそのままにしておけばよいのですが、居酒屋では食べ終わったお皿をまとめておいたほうが男性からの印象は良いようです。

食べ終わったお皿をテーブルの端に重ねるなど、店員さんのことを気遣っている姿を見せると、男性は「気の利く女性だな」とあなたへの評価を高くしてくれます。

 

いかがでしたか?

どれも些細なことに思えますが、今回の調査結果によると居酒屋での食事作法について厳しい意見を持っている男性が多いことも事実です。「所詮、居酒屋だから大丈夫でしょ」と甘く見ず、最低限のマナーは守るようにしたいですね。

 【参考】

 【画像】

By