盗撮、昏睡から体液混入まで…プレゼントに隠されたヤバい罠3つ

皆さんはこれまでどのようなプレゼントを貰ったことがありますか? 大切な記念日以外でも、恋人や友人から心のこもったプレゼントを貰うのは、うれしいものですよね。しかし物によっては、とんでもない罠が仕掛けられているケースがある…

皆さんはこれまでどのようなプレゼントを貰ったことがありますか?

大切な記念日以外でも、恋人や友人から心のこもったプレゼントを貰うのは、うれしいものですよね。しかし物によっては、とんでもない罠が仕掛けられているケースがあるのだとか。

そこで今回は犯罪事情に詳しいジャーナリストの佐々木栄蔵さんに、男性からのプレゼントに隠されたヤバい罠について伺いました。

 

■1:パソコン

「家電製品を安易に受け取ってしまうのは危険です。

なぜなら盗撮カメラが仕掛けられていた場合、電源を通じて半永久的に撮影されてしまう危険があります。

特に恐ろしいのは、素人では簡単に見つけられない場所に、特定の監視ソフトが予めダウンロードされていたという事例。その場合、メール内容やクレジットカードデーターだけでなく、起動している間はウェブカメラを通じて、プライベート映像が筒抜けとなってしまうのです」

 

■2:乳液

「フタの空いた乳液は警戒してください。

“知り合いが化粧品会社で働いていて、試供品が余ってるみたいなんだよね~。よかったらあげるよ?”などと言って、プレゼントする人間がいます。

その男性は、予め入っていた乳液を半分捨て、そこに自身の体液を混ぜ合わせてから渡すそうです。

これにより女性が気付かずに男性の体液を顔に塗りたくってしまうという恐ろしい事態に……。

男性は“お店で使った試供品だからフタが空いてるんだ”と言ってくるかもしれませんが、新品の乳液以外は、絶対受け取らないようにしましょう」

 

■3:酔い止め薬

「プレゼントとは少し違いますが、飲みの席で男性から酔い止め薬を渡されたら要注意。

飲んだら最後、逆に酔いつぶれてしまう可能性があります。

その薬の正体は、薬局などで普通に売られている食品用コーンカプセルに、アルコール度数98のスピリタスなどを入れたもの。これを酔い止めと称して飲ませるという方法が、大学のヤリサーなどで現在、流行中なのです。

正体のわからない薬は絶対飲まないようにしましょう」

 

いかがでしたか?

何でもかんでもプレゼントを受け取るというのは避けたほうがよさそうですね。

怪しいと少しでも感じた物は、徹底的に調べてから自宅に持ち帰りましょう。

 

【取材協力】

※ 佐々木栄蔵・・・ネットや実話誌などで執筆をするライター。趣味はゲームやネットなどかなりのインドア派。ひきこもりから一転、人間関係を学び、コミュニケーションデザイナーとしても活動を始める。