キャー…夏で荒れちゃった?「ぷるっぷるの美肌」を作るケア方法

散々遊んだ夏も後半戦。そろそろ外遊びや暴飲暴食でアソコにトラブルが発生してきていることかもしれません。アソコとはお肌。紫外線で荒れたり、寝不足で肌荒れが気になってきていませんか? 人の第一印象を左右するといっても過言では…

散々遊んだ夏も後半戦。そろそろ外遊びや暴飲暴食でアソコにトラブルが発生してきていることかもしれません。アソコとはお肌。紫外線で荒れたり、寝不足で肌荒れが気になってきていませんか?

人の第一印象を左右するといっても過言ではない“お肌の質感”。夏に出会ったアノ人との二人っきりのデートではぷるっぷるのお肌で挑みたいところですよね。

そこで今日は『Dangdep!』の過去記事なども参考にしながら、夏で荒れてしまったお肌のケア方法を学んでいたいと思います。カンタンなものばかりですので、ぜひトライしてみましょう。

 

■乾燥は大敵

そもそも肌荒れはなぜ起こるのでしょうか?

まずは体の外側、スキンケアに問題があると言えます。

「飲み過ぎて帰るのが遅くなってメイクそのままで寝ちゃった」などと、夏だからといってケアを怠ると、Tゾーンがテカる原因、つまり乾燥につながります。

お酒を飲んだ日でも夜の就寝前や朝のメイク前の保湿はキッチリ行いましょう。

 

■体の中をキレイにすることが外の美しさにつながる

また、肌荒れの原因として挙げられるのは、体の内側、意外にもお腹の中にあります。『Dangdep!』過去記事「今始めないと間に合わない!春までに“うるおいモテ肌”を作る秘策」によると、腸内環境の乱れによって、肌荒れを引き起こす可能性があるとのことです。

これは食事の偏りやストレスによって、腸内の善玉菌が減り悪玉菌が優位となって消化・吸収がうまくいかなくなり、肌への栄養が滞ってしまうことがあるそうです。

もし保湿を欠かさず行っていても肌荒れが続くようであれば、カラダの内側に要因があるかもしれません。

 

■美肌キープのケア方法

肌荒れの原因がカラダの外側と内側にあるのは分かりましたね。ではどんなケアを行っていくのが良いのでしょうか。

まずは体の外側のケアです。こちらは、湿度があるこの季節でも、化粧水や、美容液、乳液、クリームの日常ケアはそのままに、週に1度のパックなども忘れずに行うことです。

当たり前のことのように思うかもしれませんが、「メンドクサイ」という感情はついつい日常のケアをサボらせてしまいます。美しくありたいと願うならば、そんな感情に打ち勝つことが大切なのです。

次に体の内側のケアについてです。前項でも述べたように、腸内の環境を整えることが大切になります。

善玉菌を増やすものと言えば……そう、ヨーグルトです。善玉菌を増やすだけでなく、肌のきめ細やかさを左右する“セラミド”も含まれているので、体の内側を整えるのには必須の食品と言えます。

また美肌にはタンパク質も必要です。こちらは食品だけで適正量を摂ることは難しいと言われていますのでサプリメントなどで補うのが良いでしょう。

 

以上、夏の肌荒れケアについてのご紹介でした。いかがでしたか? 日常のケアの積み重ねと食事のバランスを考えることによって、ぷるぷる美肌が手に入るかもしれません。

体の内・外を磨いて男子が思わず見とれてしまうお肌を目指してくださいね!