待ちぼうけは…もうイヤ!遅刻多めな彼氏との「ウマい待ち合わせ」3つ

彼氏に遅刻グセがあると、困りますよねぇ。 待っている間にメイクも崩れてきますし、不満タラタラで待ち続けると彼氏が現れた頃にはおブス顔にもなりがちです。 「待ちぼうけはもうイヤ!」と、彼氏にオンタイムでの登場をお願いしても…

彼氏に遅刻グセがあると、困りますよねぇ。

待っている間にメイクも崩れてきますし、不満タラタラで待ち続けると彼氏が現れた頃にはおブス顔にもなりがちです。

「待ちぼうけはもうイヤ!」と、彼氏にオンタイムでの登場をお願いしても、癖になってる“遅刻”ってなかなか直りませんよね。

ならば、イライラ待ちぼうけを回避するためには、こちらがウマく対応するしか方法はないっ!

今回は、遅刻多めな彼氏とのウマい待ち合わせ方法を3つご紹介しましょう。

 

■1:遅刻パターンを読んで待ち合わせ

彼女なら、彼氏の遅刻パターンを把握していますよね?

平日はいつも1時間ほど遅れてくる、休日は30分くらい遅い……など、パターンを把握できたならば、その“癖”を考慮した待ち合わせ時刻にしちゃいましょう。

19時に待ち合わせたいなら「18時半ね!」など、遅刻する時間を読んだ上で時間を指定するんです。

これなら、待ちぼうけにならずオンタイムでデートを開始できる可能性が高まります。

 

■2:迎えに行く

どこかで待ち合わせると必ずと言っていいほど遅刻する彼の場合には、あなたが迎えに行く待ち合わせ方法もベターです。

「デートには男が迎えにくるべきっ!」という固定概念を捨て、待ちぼうけを回避するためだけに自分が彼を迎えに行くんです。

遅刻グセがある人でも、自宅や会社の前で“人が待ってる”状態を作れば、気持ちが焦り遅刻せずに出てきてくれる可能性が高まります。

 

■3:待ち合わせしない

どんなに努力しても遅刻グセが直らない彼の場合には、もう“待ち合わせ”という約束をしないのも手です。

「会いたいならあなたが来れば?」くらいの心構えで、彼から来させるんです。

デートの日程が決まっても「家を出るときにLINEして?」と、具体的な時間を決めずに連絡を待ってみるのがポイントです。

そもそも遅刻グセがある彼ですから、なかなか連絡がこなくてヤキモキするかもしれません。でも、外で待ちぼうけさせられて手持ち無沙汰になるより、家で雑用でもしながら時間を有効に使って待つほうが、あなたの精神衛生上もラクなのではないでしょうか。

 

いかがですか?

遅刻グセって習慣のようなもの。何回言っても直らない彼だと、ゲンナリしますよね。

人の時間を奪う行為なのに、「ごめんごめん」なんて平然と現れる彼には怒りすら感じたり。

彼氏が変わらないなら、あなたが工夫して、イライラを少しでも減らしていきましょう!

 

【画像】

GaudiLab/Shutterstock