本当にこの人と…?「決断」を悩んだときに確かめるべきこと3つ

相手から待ちに待ったプロポーズ。彼からの言葉が頭を回って有頂天になるはず……。でも、なぜか頭によぎる不安感。 こういう時の直感って信じていいものなのでしょうか? 結婚という人生の大きな分岐点に立ったとき、「本当に大丈夫か…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相手から待ちに待ったプロポーズ。彼からの言葉が頭を回って有頂天になるはず……。でも、なぜか頭によぎる不安感。

こういう時の直感って信じていいものなのでしょうか? 結婚という人生の大きな分岐点に立ったとき、「本当に大丈夫かなぁ?」と少しでも感じてしまったらちょっと考えてみるべきかもしれません。

そこで、こんなときにはどんなことを確かめてみればいいのかを、恋愛専門家の坂田陽子さんに教えてもらいました。

 

■1:実家や兄弟との関係

「実家の兄弟との関係は、結婚後は嫌でもお付き合いしなければならないので予め知っておくことが大切です。遺産相続などで揉めないように親に非嫡出子がいないかどうかなどまで調べておければ完璧です」

ちょうど向井理さんが主演するドラマ『遺産相続』も放送されています。高齢化社会が進む中、遺産相続問題も増えてくるのかもしれませんね。問題が起こらないように知っておくべきですね。

 

■2:一緒にいないと分からない短所

「付き合ってからデートを重ねて、そのまま結婚という流れの場合、長時間一緒にいないとわからない短所に気づきにくかったりします。例えば、“怒りっぽい”“不平不満を口にしがち”“周囲から孤立していないか”などの短所をチェックしてみましょう。

また金遣いが荒くないか、金銭感覚が社会常識からズレていないかなども知る必要があります。一般的な社会道徳や社会倫理を持っているかも調べられるといいですね」

結婚してからこれらのことに気づいても遅いことばかりですね! 2人っきりの時間が長くなると短所が見えてくるのはよくあることです。

お金の問題は、一緒になってみないとわからないことが多いですが、不安なら結婚する前にしっかり話し合っておくべきでしょう。

 

■3:価値観

「人生観などが合っているかどうかも確かめておく必要があります。価値観が合わないと結婚生活が破たんする確率が上がるからです」

夫婦になってからすり合わせていけるかもしれませんが、それでも譲れない価値観などはあるものです。ちょっと哲学的なことで難しいかもしれませんが、自分の好きな言葉とか生き方などを話して、相手の反応を見てみるのもいいかもしれませんね。

 

プロポーズというとても嬉しい出来事に舞い上がってしまうのはわかりますが、そこでふと不安になったりしたら、その直感を信じてみましょう。

もちろん、上記のものなどをチェックして問題がなければ安心して幸せになってくださいね!

 【取材協力】

※ 坂田陽子・・・福岡県生まれ。20代の半ばから恋愛に関するカウンセリングを開始する。数多くの相談案件を解決した経験から、独自の恋愛論を展開し、各メディアで人気に。現在では、日本国内のみならず海外からも恋愛相談を受け、その相談件数は年間1万件以上にも上る。HP『坂田陽子の恋愛力アップ相談教室』

 【画像】

Lucky Business / Shutterstock