まんまるカップルに進化!ぽちゃ男を育てるぽちゃ子のNG行動4つ

だんだん付き合っている彼がぽっちゃりしてきた……そこのあなた、実はあなたもぽっちゃりじゃありませんか? 筆者もそうです。ぽっちゃりは伝染病なのでしょうか? そこで今回は、美ぽちゃ研究家で自らもぽっちゃり街道を爆進し続ける…

だんだん付き合っている彼がぽっちゃりしてきた……そこのあなた、実はあなたもぽっちゃりじゃありませんか? 筆者もそうです。ぽっちゃりは伝染病なのでしょうか?

そこで今回は、美ぽちゃ研究家で自らもぽっちゃり街道を爆進し続ける筆者が、彼氏をもぽちゃ男に育てあげてしまうNG行動をご紹介します。

自分はぽっちゃりしているから遺伝子的にほっそりした男性が好きっ!というぽちゃ子は要注意ですよ。

 

■1:挨拶が「おなかすいてる?」

会うなり「おなかすいた?」「喉かわいてる?」「なんか食べた?」など、食う飲むばかりの挨拶になってしまっているケース。

「まだ別に食べなくてもいっかなー」くらいの腹具合だったのが、ぽちゃ子の語るよだれジュバッなプレゼンテーションに知らずと空腹気分にさせられ、気づけば“おやつに焼き鳥”なんて食べてるはめに。

 

■2:頼まれてもいないのに“男飯”に理解がある

牛丼、かつ丼、家系ラーメンなど。そういった男飯トークへの食いつきがハンパでないあなたに、彼も楽しそうに会話をくりひろげるでしょう。

その話をしている間にお腹がすき、結局、「食べにいこうか」というはめに。

そうして、今夜もまた男飯をむさぼるのです。

 

■3:迷わずタクシー

彼と話した男飯。食べに行こうと思ったら、彼が学生時代に通ってた場所など意外と遠いこともあります。

そんなとき、乗り換えなどは面倒臭いため、迷わずタクシーを使用。「2で割れば、そんなに高くないよね?」が合言葉。残念ながらカロリーは2で割れません。

さっきのラーメンも2で割って食べたらよかったのですが……。

 

いかがでしたか。自分がぽっちゃり体型の場合、せめてほっそり彼氏と結婚できれば、子どものぽっちゃり化も少しは防げるはず……だったのに、まさかのほっそり彼氏のぽっちゃり化もよくある話だそうです。

ほっそり彼氏は自分にないものを求めて、ぽっちゃり女性を好みがちですが、自分がぽっちゃりしてくると、今度はほっそり女性を求めてしまう危険もあるので気をつけましょう。