ヤダ…大興奮?イケメンAV男優が伝授「禁断のキラーフレーズ」3つ

そこのアナタ……ちまたでは“女子向けAV”なんたるものが流行りつつあるコトをご存知ですか? 筆者は数年前の『an・an』のSEX特集で知りました。 そもそもAVを観ることはありますか? きっと、あまりないですよね。あると…

68073_385906178152360_1165326126_n

そこのアナタ……ちまたでは“女子向けAV”なんたるものが流行りつつあるコトをご存知ですか? 筆者は数年前の『an・an』のSEX特集で知りました。

そもそもAVを観ることはありますか? きっと、あまりないですよね。あるとすれば、そういうホテルに行った時くらいでしょうか?

言わずもがな“男子は大好きなAV”ですが、アナタも「やだー!」と手で顔を覆いながら、実は指の隙間からしっかりと観てはいませんか(笑)?

さておき、この度“女子向けAV”にも出演しており、監督・脚本家としても活躍中! 元自衛隊の現役イケメンAV男優のりたろうさんに、仕事・プライベートを超越した、コトの最中に“女子から言われると大興奮するフレーズ”について話をききました。

 

■1:「好きっ」

アレ? 意外と普通?

「最中はいつでも、相手を彼女と思っているので“好き”と言われると嬉しいし、興奮します。もちろん元気になっちゃいますね(笑)」

百戦錬磨の、のりたろうさんでも、女子からの「好きっ」にはかなりドキドキするとのこと。もちろん、相手が本命の恋人の場合はなおさらです。

ですが、「仕事でもプライベートでも、“感情”を抜きにすることはしません。ちゃんと相手に敬意を持って、僕から精一杯の“もてなし”をしたいと思っています」とのことです。

のりたろうさんが出演している“女子向けAV”はきっとエロと優しさに満ちてそうですね。しかしながら、単純な言葉ではありますが「好きっ」と素直に伝えるコトって何気に難しいですよね。筆者なら酔ってないと言えません……。

 

■2:名前をたくさん呼んでくれる

仕事として、コトをする場合は、ドライになってしまうこともあるようですが、「名前を呼ぶことって“相手に認められていること”の基本だし、たくさん呼んでもらえると嬉しいですね、興奮します」とのこと。

なるほど、確かに名前を呼ばれるって嬉しいですよね。好きな人ならなおさらですね。

ちなみに、「この仕事をしていると、コトに対して慣れが出てきてしまう女優さんも多いですが、どんなに可愛くても“慣れ”が全面に出てしまうと萎えます(笑)」だそうです。

 

■3:「イヤっ」

極めつけはコレです。“イヤよ、イヤよも好きのうち”ってわけでして……。「イヤって言ってるのに、相手のカラダが反応してるとヤバイ。もう頂点にのぼりつめます(笑)」

ふむふむなるほど、勉強になります(恥)! 感度の良いカラダになることも大事ですね。

 

■4:番外編

ちなみによく聞きそうな「大きい!」とか「上手!」等については、「褒めてくれているんだろうけど、誰かと比べられているようでイヤ。“慣れてる女子”って感じてしまう。」とのこと。

なるほど確かに処女には言えないフレーズですな。

 

いかがでしたか。

是非、これからは最中に、「イヤ……、でも○○くん、○○くん大好きっ!」なんて言ってみましょう。恥じらいを忘れずに。きっと彼は頂点にのぼりつめるコトでしょう(笑)!

今回は“言動(フレーズ)”を中心にお届けしましたが、コトの最中に大興奮な“行動(アクション)”についても紹介できればと考えております。

 【取材協力】

※ ・・・元自衛隊の現役イケメンAV男優であり、映画監督・脚本家としても活躍中。近頃は“女子向けAV”への出演も増加。