ど真ん中ストライク?それでも「恋に落ちる前に」見極めること3つ

どんなにど真ん中ストライクの相手であっても、ある程度、恋愛経験を積んで痛い目にあったことがある女性なら、いきなり恋に落ちることはないものです。相手がどんな人物か、時間をかけて観察する賢さを持ち合わせているはず。 そこで今…

どんなにど真ん中ストライクの相手であっても、ある程度、恋愛経験を積んで痛い目にあったことがある女性なら、いきなり恋に落ちることはないものです。相手がどんな人物か、時間をかけて観察する賢さを持ち合わせているはず。

そこで今回は、完全に恋に落ちて引き返せなくなる前の初期段階に、見極めておくべき3つのコトをお贈りします。

 

■1:ヘルシーな方法でケンカができる!?

‟ケンカするほど仲がいい”とはいいますが、それはケンカの仕方次第。売り言葉に買い言葉で怒鳴り合うケンカで、カップルが歩み寄れるわけはないので、上手にケンカができるかどうかは重要なポイントとなります。

相手の短所や欠点を直してもらいたくて、指摘する場合でも、ちょっと面白おかしい調子でカワいく茶化し合える相手は、ヘルシーにケンカができる相手です。ケンカしないカップルなどいませんが、“ケンカとはいえないケンカ”ができる男性かどうか、観察してみてください。

 

■2:ちょっとした問題を、一緒にどう乗り越えられるか?

何週間かデートを続けていれば、ちょっとしたトラブルがデート中に起こることがあるでしょう。そんなとき、どのように一緒に問題を解決して乗り越えることができるかは、彼が長期的パートナーに適しているかどうかを見極めるポイントとなります。

トラブルに直面して不機嫌になったり、あなたに当ったりするような男性なら、真剣交際を始める前にお別れしたほうが身のためです。

 

■3:コミュニケーション能力が同レベル!?

そして、恋愛において何よりも大切なのがコミュニケーションです。なので、お互いのコミュニケーション能力が同レベルぐらいでないと、必ず片方が不満を感じるようになります。

あなたが何かを吐き出したいとき、彼は何も言わずに話を聞いて受け止めてくれますか? また、必要なときにお互いの気持ちを話し合い、納得し合うことはできていますか!? 結婚したら、それこそ二人で一緒に、大事なことをたくさん決めていかなければなりません。

彼が、どんな風にコミュニケーションをとる人なのか、初期段階でしっかりと見極めてください。

 

女は恋に落ちると、目をつむるべきではないところで、目をつむってしまいがちです。上手に恋愛するには、あまり早い段階で相手のことを好きになり過ぎないことです。男って、女を傷つける怖い存在にもなり得るので、慎重になるに越したことはありません。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 【画像】

solominviktor / Shutterstock