ツライ思いは絶対に嫌っ!ストレスゼロな「新しい時代のモテ女」とは

みなさんには、実はずっと素敵だなと思っている男性っていませんか? なんとなく好きで、軽くアプローチしたり、遊んだりはするけれど、知人程度の友達。

そして、その男性が、飲み会かなんかで知り合った、キャピッとした中身があまりなさそうな女子を彼女にしているのを見たことはありませんか?

そして、それがカップルとしてうまくいくんですよね……。なぜ?

男性は、何も考えていないわけではありません。きちんと女性を選択しているのです。今回は、恋愛コラムニストのナナミ・ブルボンヌさんに、男性の“彼女にする女性の選択基準”についてお聞きしました。

 

■1:新しい時代のモテ女

「男性が本能的に女性を選択するとしたら、それは子孫を残すのに良さそうな女性。たとえば、骨盤の広い女性、お尻の大きい女性を無意識で選びがちだと言われていますね。

ですが、現代人は本能に忠実に生きることが難しい時代です。

原始時代は、食べ物があったらすぐ食べる。それもできるだけ多く食べる。次にいつ手に入るかわからないから。女性を見つけたら交尾する。取っ捕まえてでも交尾する。

そのくらい本能に忠実の男性のほうが、生き残ったと思います。そういう遺伝子が強かったのではないでしょうか。

ですが、時代は変わりました。現代では、本能をおさえることができないと、堕落し、衰弱し、早死にしてしまいます。おいしいものがたくさんあるからといって、我慢せずにガツガツ食べたり、女性を見るたびに発情していたりする男性は、おそらく出世もできませんよね。

現代で出世し、成功しやすいのは、本能を我慢できるタイプの男性なのです。長期視点をもって、目標を設定し、短期の欲望を我慢できるタイプです。現代の男性は、成功のために本能を我慢することが身に付いていますので、求める女性のタイプも、なるべく本能を刺激しない、自分の成功の助けになるタイプでしょう」

 

■2:平和の邪魔にならない女

「そういう時代背景で、いま男性たちに人気を集めているのが、自分の心の平和の邪魔にならない女性です。

現代人はとにかく繊細でナイーブ。“アニメの中の話であろうと、誰かが恥をかくシーンを見るのはつらすぎる。見たくない”という意見がネットで話題になり、“俺も!”、“僕もです”と共感を得ました。

それくらいナイーブなのです。楽しく平和でありたい。そのための恋愛でつらい思いをするくらいなら、恋愛なんてしたくないのです。

ですから、平和の邪魔にならなさそうな女性が人気となります。あまり何も考えていなさそうな、でも優しいキャピッとした女性のほうが、理屈っぽく問題に焦点を当てて、自分の人生を真剣に考えているような女性よりもモテるのです。

痛みに強くなるよりは、痛みを避けてスマートに暮らしたい……そんな理想をもつ男性が多いので、それをかなえてあげられるような女性はモテますね」

 

いかがでしたか。時代が変わればモテの形も変わるようです。みなさんも新しい時代のモテ女になることができるでしょうか。

 

【関連記事】

※ アソコは太くてOK!男が「やべ…もうムリ」となる女のパーツ6つ

※ え…そこかよ!「ついに女子の裸を見たオトコ」が思うこと5つ

※ もうバレバレ!見たらわかる「浮気しちゃったオトコの態度」3つ

※ キムタク発動!? ケンカするとすぐ「もう別れよう…」への対処4つ

※ EXILE・AKIRAも!いろいろ落とす恐怖「棒読み男子」の特徴3つ

 

【姉妹サイト】

 

【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。