いつもスッポンポン!? 「裸をさらけ出してる女」の究極なエロ

みなさんは、モテますか? 男性にモテるだけが目的になっている女性の美なんて、根っこの部分は美しくないでしょう。 美意識の根底にあるものが、男性からの評価を求めている時点で、心の有り様としては美しいとは言い難く、それを体現…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、モテますか?

男性にモテるだけが目的になっている女性の美なんて、根っこの部分は美しくないでしょう。

美意識の根底にあるものが、男性からの評価を求めている時点で、心の有り様としては美しいとは言い難く、それを体現したとしても、下品な美になってしまいそう。

では何のための美ですか? 同性に認められるため? 自分自身の満足のため?

突き詰めて考えれば、“何のため”だなんて目的意識そのものが、美の体現とは相性のよくないものだということがわかるはず。

戻りまして、あなたはモテますか?という話。

モテる方法というとハウツーになり、“どのように?”という方法論に落とし込みがちですが、果たして、モテない女性が、モテるようになるという“結果”を出すことができているのでしょうか。

今回は、官能小説家の筆者が、登場人物の人格形成でつかう手法を明かしつつ、ディープなレベルで男性と女性のモテについてご紹介していきます。

 

■1:男性の性と愛

男性の愛情と性欲は、切り離したら死んでしまう一つの生物であるかのごとく、からみ合い、深くつながっています。

ですので、極端にいえば、ヤれそうな女性がモテるわけです。

簡単にいえば、彼の“今夜のおかず”になるような女性として接するように心がければ、その男性からモテるわけです。

ただし、それには相手の男性をよく観察する必要がありまして、たとえば真面目な相手の場合、誰とでもすぐヤれそうな女性では、彼を興奮させることはできないわけです。

真面目な彼の“今夜のおかず”になるためには、おしとやかさの中に、不意に彼にだけ見せるセクシーさ、愛情表現を匂わせる優しさ、などが必要なのです。

 

■2:モテのムード

とはいえ、冒頭でも述べたように、好きになった男性が真面目なタイプだから、そこから逆算して、1のような女性を演じることは、効果はあるかもしれませんが、美しくはないわけです。

「何のための美か?」という目的意識をもった思考は、そもそも美とは相性がよくないのです。

しかし、「美とは何か?」という追求ならば、それは美の体現に必要なプロセスであると言っても、理解いただける方は多いと思います。

そこで、男性ウケも女性ウケも外し、自分が美しいと信じる姿や生き方を、言葉や行動にさらけ出し、体現するようになると、そこに不思議なエロチシズムがあらわれます。

それは男性も女性もひきつけ、原始的な欲情を喚起するのです。

 

いかがでしたか。

筆者は官能小説家として、シチュエーションや衣装、肩書きなどではなく、ただ裸の人間がそこにいるという事実だけで、欲情を誘うのは究極のモテのムードだと思うのです。

たとえ服を着ていたとしても、常に裸の自分をさらけ出すことは十分に可能なのです。