五感でビビーン!楽しい会話よりも「積み重ね」が男心に効くと判明

好きなひとができると、仲良くなる方法を考えます。 その方法とは、たいていは会話。 ですが、コミュニケーション的には言葉を使った会話よりも、それ以外の方法のほうが自分の気持ちを相手に伝えるのに有効だったりします。 そう、五…

好きなひとができると、仲良くなる方法を考えます。

その方法とは、たいていは会話。

ですが、コミュニケーション的には言葉を使った会話よりも、それ以外の方法のほうが自分の気持ちを相手に伝えるのに有効だったりします。

そう、五感を使って、男心をつかむんです。

具体的には、いったいどうしたらいいのでしょうか。

今回は、五感を使った男心をつかむ方法にせまりたいとおもいます。

 

■カレを意識したファッション

ファッションは、ただ“おしゃれ”とおもわせるだけではありません。

親友や家族であれば、あなたのことをよく知っているでしょう。

ですが、そうでなければ、あなたがどんな人間かわかりません。

ひとは、目の前にいるひとと、どんなコミュニケーションをすればいいかの判断として、外見を重視します。

優しそうなのか、おっとりしているのか。

それによって、コミュニケーションの方法や程度を決めるんです。

だから、好きなカレの前では、カレを意識したファッションをしましょう。

ですが、それはセクシーやエロティックで誘惑するようなという意味ではなく、カレからみて好感を持てるファッションという意味です。

 

■香りや音楽を使う

香りを感じる嗅覚や音を聞く聴覚は、動物にとっては、特に大事な感覚です。

視覚と違って、香りや音は見えない遠くにいる外敵を知らせるから。

それは、現代に生きる人間も同じ。

香りや音楽が、直感や本能に働きかけるということも、あるでしょう。

安心できるような、ほっとできるような香りや音楽を、カレと一緒にいるときに使用するのは、すごく重要なことなんです。

 

■スキンシップで気持ちを伝える

大人のスキンシップというと、エロティックなイメージがおもい浮かぶかもしれません。

ですが、手をつなぐこと、肩が触れあうだけも、いいんです。

スキンシップができるということは、相手のことを受け入れている証拠。

そもそも好意をもっていないなひとだったら、手が届く範囲に近づかれるだけでも嫌ですよね。

 

■胃袋をつかむ

昔から、男性に胃袋をつかめとはいいますが、手料理はなにもあなたを家庭的な女性だとイメージづけるためだけの小道具ではありません。

料理が上手だというのは、相手の味覚にあわせた料理ができるということ。

好みでなければ、たとえ5つ星の料理だって美味しくは感じられません。

カレのことをよく理解しているからこそ、カレが美味しいと感じられる料理が作れるわけです。

 

いかがですか。

男心をつかむために必要なことは、楽しい会話ができることだけではないんです。

ちょっとしたことでの積み重ねで、いかにあなたが彼を思っているかを伝えることが重要なんです。