草食のフリ?「君とはエッチしたくないよ」の遠回しな言い方3つ

カレと最初のデート。楽しかったけど、ビッチじゃないから、毅然とした態度を保ち、手は出させなかった……。そんな話をよく聞きませんか? でもそれ、ただ“手を出されなかった”だけかもしれませんよね。 「デートしてみたけど、草食…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カレと最初のデート。楽しかったけど、ビッチじゃないから、毅然とした態度を保ち、手は出させなかった……。そんな話をよく聞きませんか?

でもそれ、ただ“手を出されなかった”だけかもしれませんよね。

「デートしてみたけど、草食な感じでタイプじゃないわー」って。カレが草食なわけではなく、ただその女性に、魅力を感じなかっただけの可能性もあります。

でも、カレが本当に草食で、本当は手を出したかったけど、出せなかった!……という可能性も0.02%くらいは残されているかもしれません。真実を知りたいですよね。

そこで今回は、官能小説家の筆者が、男性が「君とはエッチしたくないよ」と心の中で思っているときの、遠回しな言い方をご紹介いたします。

こういうセリフを言われていたら、手を出させなかったのではなく、手を出されなかったんだと反省したほうがいいかもしれません。

 

■1:「飲みすぎはよくないよ」

まぁ、やさしい!などと思わないほうがいいですね。

「飲もうよ」の数だけ「エッチしたいよ」だと思ってもいいでしょう。

男性の下半身は短期的な思考をしてしまうもの。「大事にいきたいな」と考えていても、実際にあって相手がセクシーだったら……。「今夜いっちまおう」に変わるものです。

3杯目くらいなのに、このセリフが出るようでしたら、今夜のあなたに魅力を感じておらず、とっとと帰ろうとしているのでしょうね。

 

■2:「あっちのテーブル席でいいですか?」

エッチにもちこみたいときは、ボディタッチが簡単にできるカウンター席か、横並びできる個室を選ぶもの。

お店に入って、いろいろな席が空いているのに、「あっちのテーブル席でいいですか?」とお願いするカレなら、今夜はまったくやる気がないのかも。

テーブルの下でスマホをいじり、他の女性が空いていないか連絡してるかもしれませんよ。

 

■3:「ボトルはまた今度な」

「これ飲みたいっ!」とちょっと高めのワインかシャンパンのボトルを選んでみましょう。「いいねー!」とノリノリだったら、カレはやる気満々。

反対に、「えー、ちょっと高くね?」「うーん、明日も仕事だし、また今度な」のように、渋るようでしたら、「君とはエッチしたくないんだ」と言っているようなもの。

なるべくお金は使いたくないと考えているのですね。ちょっと高めのものをおねだりすると、相手の気持ちがよくわかりますよ。

 

いかがでしたか。簡単に身体を許すつもりはありませんが、「君とはエッチしたくないよ」と思われるのは、なんか全否定されているみたいで女性として悲しい気持ちになりますよね。

 【画像】

bezikus / Shutterstock