いやーん…エロ満開?「草食っぽい男子」でも発情するスイッチ3つ

みなさん、男性とある程度デートを重ねたら、やはり次のステップに進みたいですよね。

しかし、相手がいわゆる“草食男子”の場合、いつもデートはカフェやショッピング、本屋さんなど、健康的な場所ばかりで、仲はいいけど、全然関係が先に進める気配がない……という話もよく聞きます。

そこで今回は、官能小説家の筆者が、草食っぽい男子でも発情させることができるスイッチを3つご紹介いたします。

 

■1:耳元で囁く

耳というのは、非常に多感な器官です。

みなさんの中にも、「耳を攻められると弱いンんです~」なんて人は多いのではないでしょうか。耳が弱いのは、男性も同じなのです。

ただ、あまりエロく攻めると草食っぽい男子には引かれてしまうので、最初はコソコソ話くらいで試してみましょう。

ゾクッとしている様子があったら、次は吐息まじりの声にしてみるといいですね。

その際、首回りなどに腕を回すと、なお効果的ですよ。

 

■2:髪を相手の顔にかける

ショートヘアではできないのですが、あなたの長い髪を、相手の男性の顔にファサっとかける技も有効です。

髪を前にファサっとやろうとすると、頭を前に倒すことになりますから、角度的にアゴがひかれ、唇は相手から遠ざかりますね。これがまたエロさを醸し出します。

おでこが接触するくらい近く、髪はカーテンのように相手の顔にかかります。もちろん、あなたの髪からはイイ香りがします。そのカーテンの中で、カレのことをジッと優しい目で見つめてあげてみてください。

さらに微笑を加えると、とても効果的ですよ。

 

■3:露出して、隠す

草食っぽい男子には、ただ露出しているだけではあまり効果はありません。

たとえば、肩の少し空いたブラひもが見えそうなトップスを着たとしましょう。ブラひもがチラっと見えたとき、自分で、「あっ」とそれに気がつき、恥ずかしそうにそれを一生懸命に隠す。それを見ているカレに「もう~」と言う。

これのくり返しですね。スカートが短いときは、見えないように何度も伸ばす。

露出しといて、恥ずかしがって、一生懸命隠す。

これはすごく有効なテクニックですよ。

 

いかがでしたか。草食っぽい男子の発情スイッチさえもカチッと押してしまうセクシー・テクニック。みなさんも試してみてください。

 

【関連記事】

※ ムラムラ〜!男が「あなたのことを」四六時中考えちゃう方法3つ

※ やだぁ…バレバレ!男が発情して「ムラついてる」ときのサイン3つ

※ いやーん…エロ満開?「長続きカップル」でも発情するスイッチ2つ

※ ムラムラ〜!オトコの「惚れちゃうスイッチ」をポチっと押す方法

※ アラ…大興奮?友達なのに「突然ムラムラしちゃった」瞬間3つ

 

【姉妹サイト】