もうバレバレ!男が本気の女にだけする「寒いときのテク」3つ

みなさん、いよいよ冬突入で寒いですね。 大好きなカレとデートなら、心はポカポカだから……なんて、ムリ。 寒いものは寒い。なるべく室内で過ごしたいと思っているのは、筆者だけではないはず。 それに、寒い状況下の男性って、なん…

みなさん、いよいよ冬突入で寒いですね。

大好きなカレとデートなら、心はポカポカだから……なんて、ムリ。

寒いものは寒い。なるべく室内で過ごしたいと思っているのは、筆者だけではないはず。

それに、寒い状況下の男性って、なんか……ウザくないですか?

「寒いのなんて、元気でふきとばそうぜっ!」なんて、半ズボンの小学生ばりの男性も困るし、「うー……、サブっ……」と女性より寒がっている男性もセクシーじゃないですね。

しかし、そんな“寒い”という悪条件を周知したモテ男子は、それでもイケてるようにみえるかっこつけテクをもっているのだとか。

恋愛コラムニストのナナミ・ブルボンヌさんに、男性が本気の女性にくらいにしか、つかわない“寒いときのテク”をお聞きしました。

 

■1:あたたかい缶コーヒー

「自動販売機であたたかい缶コーヒーを買って、“ホラっ!”と女性に手渡すテクがあります。

ほっぺなどに当ててくるパターンも。これは古典的ですが、非常にうれしいですよね。

ポイントは、“何がいい?”とか聞かずに、勝手に缶コーヒーなこと。頼んでもないのにやってくるところに、男らしさを感じられますね。

遊びの女性相手だったら、自分の分しか買いませんよ」

 

■2:背中を丸めない

「寒いと背中が丸まりがちですが、男性のこの姿は非常に格好悪いですよね。

セクシーじゃありません。

そこで、本気の女性といる際には、いくら寒くても寒がるポーズをとらず、背筋をビッとさせるのです。

同様に、手を前に組んだ“さっぶ~~”というポーズもしません。

これらは人間が寒いときに自然とやってしまうポーズなので、本気の相手ではないとできないでしょうね」

 

■3:肉まん

「これはひとを選びますが、コンビニで肉まんを買うというのも、本気度が高いテクです。

ある程度オトナになってくると、コンビニの肉まんを買い食いするというのは、そんなにかっこいい行為ではありません。

女性も恥ずかしがりますし、“食べよう”と誘うのは、ちょっと躊躇する行為。

ですが、寒いときに、ふたりで歩きながら食べる肉まんはとてもおいしいもの。

かっこつけをこえて、“食べようよ”と誘ってくれたとしたら、あなたへの本気度はとても高いといえるでしょうね」

 

いかがでしたか?

寒いのは本当に嫌ですが、男性がこういった“本気”の行為を見せてくれたら、心だけはあたたかい優しい気持ちになれるかもしれませんね。

 【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。