苦手…!彼ママが「超絶イヤなひと」だったときの賢い対処法3つ

理想の男に限りなく近い男なのに、彼ママや彼パパが超絶“イヤなひと”だったら……、あなたはどうしますか!? 「いつも顔を合わせるワケじゃないから、いっか」と諦める女子もいれば、「なんであの親から、あんなにイイ子(=彼氏)が…

理想の男に限りなく近い男なのに、彼ママや彼パパが超絶“イヤなひと”だったら……、あなたはどうしますか!?

「いつも顔を合わせるワケじゃないから、いっか」と諦める女子もいれば、「なんであの親から、あんなにイイ子(=彼氏)が……!?」と、疑問を抱くひともいそうです。

そして、「イヤだわぁ~」と思っても、なんとなく我慢しちゃう女子も多いかもしれません。

ですが、結婚した後には親族になるんですよ? 本当に、我慢だけで続けられますか?

最悪の場合には、親が原因で離婚しちゃう夫婦だっているんです!

そこで今回は、8年間の市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきた筆者が、恋人の親が“超絶イヤなひと”だったときの賢い対処法を3つお伝えします。

 

■1:「親のココがイヤ」と伝えてみる

彼の親がおかしいと思ったら、ぜひ彼氏に、その旨をさりげなく冷静に伝えてみてください。

親の悪口を言われて喜ぶひとはいませんけれども、彼女を大切に思う男性ならしっかりと耳を傾けてくれるはず。

いずれ結婚して伝えることになるなら、交際中に伝えておけばそれだけ早く対策できますよね?

「なんだよっ。俺の母親を悪く言いやがって!」などと怒り出す男だったら、マザコン男子の可能性もあるので、いいバロメーターにもなります。

 

■2:会わないようにする

彼ママが、一緒にいてストレスを与えてくるタイプだった場合には、今後なるべく会わないようにするのも自分を守る方法です。

「またお袋と、食事行かない? いつがいいかな?」と聞かれても、「今月は、残業だらけだし休日も疲れが溜まってるから、もっと元気なときに会いたいなぁ」などと、勢いよく誤魔化しちゃいましょう!

イヤな気分になるのがわかっているのに、わざわざムリしてまで会う必要はありません。

だって、結婚しているわけじゃないから、彼の親に会う義務はありません。

 

■3:結婚しない

対処法の3つめは、身も蓋もないかもしれませんが“結婚しないこと”です。

時代は進み、“事実婚”を選択するカップルも増えている中、親がどうしてもイヤなのにわざわざ結婚しなくても幸せになる道はありますよね。

せっかく結婚しても、親のせいで離婚したり夫婦が不仲になったりするくらいなら、同棲のほうがよっぽどラブに溢れた生活を送れることも。

近年では、妻と同じように内縁の妻を守ってくれる判例も増えています。

 

いかがですか?

彼氏のことは大好きだけど、彼ママが超絶イヤ……! というシチュエーションに陥ったときは、ぜひ思い出してみてください。

 【画像】
Monkey Business Images / Shutterstock