バレバレ!天性のオンナ好きが繰り出す「ヤリたい」の変換言葉3つ

単にカラダ目的で近寄ってくるオトコとは、深~い関係にはなりたくないですよね! でも、世の中には「君のことが好きなんだ」オーラを出しながらも、じつは単にカラダ目当てで近づきているだけ……、というトンデモないオトコがいるのも…

単にカラダ目的で近寄ってくるオトコとは、深~い関係にはなりたくないですよね!

でも、世の中には「君のことが好きなんだ」オーラを出しながらも、じつは単にカラダ目当てで近づきているだけ……、というトンデモないオトコがいるのも真実です。

天性のオンナ好きは、カラダ目当てで近寄っていることを悟られない高度なスキルを持ち合わせていることも!

だからこそ、女子も賢くなってオトコの本心を見抜かなくてはなりません。

では、天性のオンナ好きは、どんなテクを繰り出してオンナをモノにしようとするのでしょうか?

8年間の市議時代に魑魅魍魎(ちみもうりょう)な男女模様を垣間見てきた筆者が、天性のオンナ好きが発する「ヤリたい」の変換言葉を3つお伝えします。

 

■1:「ランチいかない?」

本当はディナーに誘って、お酒でも飲ませてそのままイイ雰囲気に持ち込みたい!と思っているけれど、最初からディナーに誘うと警戒されるため、まずはランチから誘うテクには警戒が必要!

そこまで好きじゃないオトコとのディナーは重いけど、「ランチなら……」って思っちゃう女子も少なくないですよね!

これは、オンナの心理をよく理解している天性のオンナ好きがよく繰り出す方法です。

ランチに誘って警戒心を解いてから、すかさずディナーに誘うオトコが少なくありません。

「そういう関係になってもイイ」と思えるオトコからのランチの誘い以外は、断ったほうが賢明です!

 

■2:「ちょっと付き合ってくれない?」

“付き合って”と言っても、「交際して」という意味ではありません。

たとえば、スイーツの名店や雑貨屋さんなど、男子ひとりでは行きにくい場所に「ひとりじゃ行きにくいから、付き合ってよ」などと誘ってくるのも、オンナ好きなオトコが女子を誘い出すためによく使うテク。

優しい女子ほど、「そうだよね、男子ひとりじゃ行きにくいもんね」と妙な親切心でノコノコ出て行ってしまい、結果的に、オンナ好きオトコの思う壺に……、というパターンもありがちです。

ハードルの低いデートであっても、好きじゃないオトコとは出かけないほうが安心かも。

 

■3:「相談があってさ」

知り合いの男子から、「相談が……」って言われると、つい「どうしたの?」ってなっちゃう女子も少なくないですよね。

でも、これも天性のオンナ好きが繰り出すテクのひとつであるケースが。

実際に会ってみると、相談の“そ”の字もでてこないでひたすら口説いてくるパターンや、それっぽい相談をしつつ同情心を煽ってベッドインを狙うオトコも。

たいして親しくないオトコからの「相談があって」は、“ヤリたい”のサインかもしれません。

 

いかがですか?

直接的に「ヤリたい」って言ってこなくても、本心は単にカラダを目当てにしているオトコって、意外といます。

同情心や親切心から、天性のオンナ好きに騙されないようくれぐれもご注意くださいね!

 【画像】
Air Images / Shutterstock