タイミング悪っ!プロポーズの「返事を引っ張る」魔法のフレーズ3つ

「まだ結婚はしたくないのにぃ~!」って思っているのに、いきなりプロポーズされちゃっても……困りますよね。 「えっ!? なんで今なのよ……?」と思いつつ、別れたくはないけど引っ張っておきたい!のが、素直な女ゴコロなのではな…

「まだ結婚はしたくないのにぃ~!」って思っているのに、いきなりプロポーズされちゃっても……困りますよね。

「えっ!? なんで今なのよ……?」と思いつつ、別れたくはないけど引っ張っておきたい!のが、素直な女ゴコロなのではないでしょうか。

でも「ごめんなさい!」をしてしまえば、撃沈したオトコはスゴスゴと退散してしまいますし、断りつつも引っ張れるプロポーズの返しを知っておきたいですよね!

そこで今回は、8年間の市議時代に魑魅魍魎(ちみもうりょう)な男女模様を垣間見てきた筆者が、突然のプロポーズを承諾せずとも引っ張れる魔法のフレーズを3つお伝えします。

 

■1:「ウワァァァァァン!」

「YES」か「NO」かを迫られるのがプロポーズですけれど、承諾したくないけど引っ張りたい時にはとりあえず泣いて誤魔化すのも一案です。

オトコって、女の涙には弱いと聞きますから、目の前で泣いている女子を相手に「それで。返事はどう!?」なんて迫ってくることもないはず。

「ヒックヒック。うわぁぁ~ん」と泣いておけば、ひょっとするとプロポーズが嬉しすぎて泣いているというありがたい誤解をしてくれることもありそうです。

 

■2:「今、親が大変で」

結婚となると、当人同士だけでなく親も絡んでくる話。ですから、「親の会社が今タイヘンで」「パパが病気かもしれなくて」などと親を理由にごまかしておくのも手です。

“親が”とエクスキューズすることで、“私は結婚したいんだけど”という含みを持たせることができるので、「NO」にはならず引っ張ることができる魔法のフレーズになりますよね。

あなたと心底結婚したがっているオトコなら、しばらくは待っていてくれるはずです。

 

■3:「花嫁修行しなきゃ!」

「マジで~、なんで今の時期にプロポーズなのよぉ」と、もうちょっと遊びたい女子は「花嫁修行しなきゃぁ」って可愛く言って切り抜けましょうっ!

“花嫁修行=結婚する気はある”とほのめかすことができる魔法のフレーズなので、「YES」ではないけれど今でもない、という微妙な心境を伝えることができますよね!

カレシは「お。ノリ気だ!」って喜んでくれる上に、すぐに結婚しなくてもイイという素晴らしい状況を作ることが可能です。

もちろん、その後にはテキトーにお料理教室や華道、茶道などそれらしい習いごとをして時間稼ぎをしてくださいねっ。

 

いかがでしょう?

結婚はタイミングといいます。あなたのタイミングと合わなければ、もうちょっと引っ張りたいですよね。

ぜひ、魔法のフレーズで上手に切り抜けてくださいっ。

 

【画像】

UNITED STATES – CIRCA 1960s:  Man placing engagement ring on woman’s finger. (Photo by H. Armstrong Roberts/Retrofile/Getty Images)