アノ話もNG!? 美人でも「非モテに転落する」マイナス発言3つ

モテない女になるよりは、モテる女になりたいですよね! 火遊びしたいワケじゃなくとも、ちやほやされないよりはされたほうが楽しい人生を送れるものです。 でも、どんなに美人でオシャレでも、発言や振る舞いによって「この女だけは勘…

モテない女になるよりは、モテる女になりたいですよね!

火遊びしたいワケじゃなくとも、ちやほやされないよりはされたほうが楽しい人生を送れるものです。

でも、どんなに美人でオシャレでも、発言や振る舞いによって「この女だけは勘弁だわ」とアッサリ男子に”圏外”認定されちゃう女性って……、いますよね。

今回は、市議時代に魑魅魍魎(ちみもうりょう)な男女模様を垣間見てきた筆者が、イケてるはずなのに非モテに転落する女性の危ういマイナス発言を3つご紹介します。

 

■1:業界用語が多い

“デキる女”に多いのが、業界用語の多い会話を無意識にしてしまうことかもしれません。

ですが、どんなに美人でもやたらに業界用語を使って会話したがる女を見ると、「かぶれてる」と感じるオトコもいるんです!

自分が知らないワードを出されても萎縮しちゃうオトコもいそうですよね。

モテを目指すなら、誰にでもわかる一般的な単語を選んだほうがいいのかも。

 

■2:お涙頂戴の人生論が多い

女子も経験が豊富になると「私ね……」と切り出し、お涙頂戴の我が人生論を展開してしまうこと、ありますよね。

ですが、「講演を聞きに来たんじゃねぇよ」と心の声を発しつつ、バッサリ切り捨てるオトコもいるんです!

自分に酔ってるかのような自論を熱く語る女子を見て、引いちゃうのがオトコという生き物なのかも。

オトコの前では自分に酔わずにお酒に酔ったほうがモテそうです。

 

■3:忙しいアピール

いわゆる“キラキラ女子”になりたくて、仕事に遊びにと人生を充実させることを目標としている女性もいますよね。

ですが、「来週は、この日は残業になると思うし週末は女子会とイベントがあって~」などと、多忙女子をうかがわせる発言をしてしまうと、「リア充アピール、うぜぇ」と感じるオトコは多いよう。

本当に忙しかったとしても、ただ毎日が充実していただけだったとしても、オトコの前で予定を公表するのは控えたほうが賢いようです。

 

いかがですか?

なにげない会話であっても、オトコは意外と厳しくジャッジしているよう。

まさかの非モテに転落しないためにも、くれぐれもご注意くださいね!

 【画像】
Sidarta / Shutterstock