モテ女子が無意識に使っている「男子がムラムラしちゃう」しぐさ7つ

みなさんのまわりには、顔だけ見ると実はたいしたことがないのに、なぜかモテる女子っていませんか? モテているとカワイく見えてしまうので、「えー、モテるコってみんなカワイイですよ~」だなんて、騙されているかもしれませんね。 …

みなさんのまわりには、顔だけ見ると実はたいしたことがないのに、なぜかモテる女子っていませんか? モテているとカワイく見えてしまうので、「えー、モテるコってみんなカワイイですよ~」だなんて、騙されているかもしれませんね。

よーく見てください。実は顔のつくりなんて、そんなに変わらないのです。では、いったい、どこにそんな差が出てくるのでしょうか。

それはズバリしぐさです。なぜかモテる女子は、男子が思わずムラムラ~とするしぐさを無意識的に連発しているのですね。繁殖しようという本能が強いのでしょうか?

しかし、そういった本能に打ち勝つのが人類の知恵! ということで、今回は、モテ女子だけが自然と無意識にやっているモテしぐさを研究して、自分のモノにし、モテ女子の仲間入りしちゃいましょう。

渋谷・秋葉原・上野にて「女子のしぐさで、ドキッとしちゃったものがあったら教えてください」と街頭インタビューしてきました。

 

■1:下からのぞきこむ

「ケーキが出てきたときに、“わー!”と言って、皿に顔を近づけて皿をもって、下からのぞきこむようにケーキをうれしそうに見てたんです。かわいかった。子どもかよっ!と思いましたけど、それがいいのかな。

同じ人が、ノートパソコン調子が悪いときに、“あれー?”と言って、キーボードの部分をもって、また下からのぞきこむように画面を見ていたのですが……、やはりかわいかった。あれ、きっと彼女の必殺技なんでしょうね」(31歳/SE)

—上目遣いってことですか?

「上目遣いとはちがいますね。こちらを見ているわけではないので。子どもが無邪気に物をのぞきこむ感じでしょうか」

 

■2:声を出さないでしゃべる

「静かにしなきゃいけない場面で、そそうをしてしまったのですが、女の先輩が、シーッのポーズから、声は出さずに口の動きだけで、“ダ・メ!”と言ったんです。なぜかドキッとしました」(26歳/営業)

—それまでは、その先輩のことをなんとも思っていなかったのですか?

「思ってなかったですねー。一応、仕事の上司なので、好きになっちゃダメだぞーといまでも思っていますが……」

 

■3:スカートを直す

「タイトなスカートをはいてきた女友達が、まくれあがるのを何度も直す姿を見て、ムラムラーとしました。別になんとも意識していなかったのですが、直されると見ちゃうし、想像しちゃいますよねー。ズルイっ!」(34歳/広告)

—直すしぐさをするまでは、気にならなかったと?

「そうですね。そんなに短いスカートでもなかったですし。あの“一生懸命見えないように直す”動きが逆にエロいんですよねー」

 

■4:フランクフルトを食べる

「夜店でフランクフルトを買って、パクッとくわえているところに興奮しました。ケチャップかけすぎてて、とろってたれちゃって、“あ~ん……!”と言ったのもよかったです」(23歳/営業)

—……なるほど。バナナでもいいんじゃないですか?

「バナナだと、なんかゴリラとか猿っぽくないですか? 色的にもフランクフルトのほうがいいでしょう。きっとわかってやってますね、彼女」

 

■5:ヤラしい伸び

「職場で隣の女子が“ぅう~ん”って伸びをするたびに、ムラっとします……。“ぅう~ん”って声もヤバイし、お腹のあたりの肌があらわになると、なんかヤラしいんですよね」(24歳/営業)

—それ、見てるってバレてるんじゃないですか(笑)?

「バレてるんですかね!? ヤラしいな~。バレているのに、ヤッてるとしたらヤラしすぎません? 見せてこっちを興奮させようとして、やってるんでしょう?」

—いや、そういうわけじゃないかと……。

 

■6:グラスをいじる

「飲んでるときに、グラスをずーっとヤラしい感じでいじっているコがいました。最初は、“ん?”と思った程度だったのですが、ずっとやっているので、なんか見ているうちにだんだんとヤラしい気持ちになってしまいました」(27歳/塾講師)

—どんな感じでいじっていたのですか?

「上下にさすったり、指で先っちょをなぞったり……。動いているから、ついその手を見ちゃうでしょ? で、顔を上げて彼女の顔を見ると、ジッとこっちを見つめているんですよ!」

 

■7:バキューン!

「飲み会で、遠くに座っていた女子の面白い噂をしていたのですが、それがバレて……。そしたら、ジョークで怒ったフリしたその女子が、遠くから拳銃をもつポーズで、“バキューン!”とやってきました。僕のハートも撃ちぬかれました」(25歳/動画制作)

—どんな感じのバキューンでしたか?

「そのときは片手で座りながらバキューンってやって、フッと銃口を消すところまでやっていました。かなりまわりから、“おぉー!”と好評だったんで、その後、調子にのって特技にしてましたよ(笑)。

なんか、その調子にのっちゃったところまで合わせてのテクみたいで、やるときはやりきってましたね。

最終的には、わざわざ立ちあがり、両手で拳銃をもってのバキューン!に進化してました。キム・ヨナが『007』の曲でやったパフォーマンスみたいなヤツです。“かわええ~!”とドキっとしちゃうフリをする男性陣なんですが、結構みんな本気で“カワイイな”と思ってましたよ」

 

いかがでしたか。男子である筆者からしてみても、「確かにやられたらカワイイだろうな」というしぐさが並びました。

“しぐさ”はモテテクニックのなかで、難易度がそれほど高くないと思いますので、読むだけで終わらず、ぜひ練習・実践してみてくださいね。