えっそうなの?男の「ムラつきスイッチ」がオフになる女の所作3つ

せっかく女性に生まれたのであれば、男性から“求められる”女になりたいっ! と思っている女子も多いのではないでしょうか? 非モテな人生を歩むより、オトコがムラついて仕方のない“イイ女”を目指しているひとも少なくないですよね…

せっかく女性に生まれたのであれば、男性から“求められる”女になりたいっ! と思っている女子も多いのではないでしょうか?

非モテな人生を歩むより、オトコがムラついて仕方のない“イイ女”を目指しているひとも少なくないですよね。

オトコって意外とロマンチストですから、女子の振る舞いを見て「ヤベェ。ムラムラしてきた!」と思っちゃうことや、逆に「この女だけは抱きたくねぇ~!」とスイッチがオフになってしまうこともあるのだそう。

今回は、市議時代から魑魅魍魎(ちみもうりょう)な男女模様を垣間見てきた筆者が、オトコのスイッチを一瞬でオフにしちゃう女子の危うい所作を3つご紹介します。

 

■所作1:ハイブランドアイテムで身を固めている

一流のハイブランドアイテムで身を固めている女子には、「金がかかりそうで関わりたくない」って思う男子や「俺より稼いでいるんだろうな……」と萎えちゃうオトコも少なくないそう。

合コンでイイ感じの雰囲気になったのに、バッグの中身をチラ見された瞬間に「ゲゲッ。全部ブランドかよ!」とドン引くオトコもいるんです。

全身ブランドで固めるだけの経済力を自力でゲットできているとしても、オトコにムラつかせるためには少しハズしたノーブランドアイテムも持参しておくほうがよさそう。

または、ハイブランドのロゴが大きくなくて一見するとどこのブランドなのかわからないアイテムをチョイスしたほうが賢明かもしれません。

 

■所作2:海外に強く一人旅もガンガン行くアピール

オトコって、自分が知らないことや憧れていることに詳しい女子に対して、ちょっと構えちゃうことも多いのだそう。

「俺が手取り足取り教えてやるぜっ!」というのが多くの男子のホンネだからこそ、自分よりも上を行く女子はハードルが高すぎてしまうのかもしれません。

とくに、海外慣れしていてどんな秘境にもひとりでガンガン出かけちゃうアグレッシブな女子には、「会話についていけねぇ……」と感じ、ムラムラするどころか狩猟スイッチがショボ~ンとオフになってしまう男子もいるよう。

オトコが口説きたい女というのは、オトコが知っていることを知らないタイプの女性のなのかも。

 

■所作3:国内or海外タレントに詳しくイケメン好きを公言

イケメンが大好物な女子も少なくありませんけれども、大きな声で公言してしまうとオトコのムラつきスイッチが瞬時にオフになることも少なくないよう!

とくに、国内or海外タレントのイケメン好きを公言すると「俺はそんなにカッコよくない!」と思わせてしまい、ハードルを上げてしまうよう。

自分を“イケメン”だと自信を持って自覚しているオトコは意外と少なく、「じゃあ、俺じゃダメなんだな」と意外なほど謙虚に感じてしまうのだとか……。

「結婚したら子どもの顔にも影響するし、絶対にイケメン!」と思っていたとしても、ムラつかせたいオトコの前では、仮にそのオトコがイケメンだったとしても公言しないほうがよさそうです。

 

いかがですか?

ちょっとした所作のせいで、オトコのスイッチをオフにしてしまったら残念ですよね。

モテを極めるのであれば、スイッチをオフにしてしまう女性にならないよう気をつけたいですよね!