うっ…泣ける「私と仕事どっちが大事!?」に対する男子の神対応3選

そこのアナタ、愛する彼氏の仕事が超ハードで全然会えなくて……ついつい「私と仕事どっちが大事!?」と禁断のフレーズを口走ってしまったコトはありませんか? 自己中っぽいし、ひとには言えないけど……「実はある」なんて方は多いの…

そこのアナタ、愛する彼氏の仕事が超ハードで全然会えなくて……ついつい「私と仕事どっちが大事!?」と禁断のフレーズを口走ってしまったコトはありませんか?

自己中っぽいし、ひとには言えないけど……「実はある」なんて方は多いのではないでしょうか。筆者も然り……(笑)。

しかしながら仕事と恋人を比べるコト自体ナンセンスですし、世間では言ってはいけないフレーズといわれていますよね。なので、このフレーズを発するコトでケンカになってしまったカップルも多いと思いますが、なかには泣けるほどの神対応ができる男子もいるようなんです……!

百戦錬磨の合コンスタメン男子たちに聞いたのですが、とてもイイ話なので神対応TOP3を紹介します。

 

■君のほうが大事!

「そう聞かれたとき……即答で“君のほうが大事だよ”と言いました。本当にそう思ったので……。僕は愛するひとのいない人生なんて考えられないので」(30代/IT)

彼女の反応はどうでした?

「嬉しそうだったんだけど、“仕事を辞めて”とまでは言われませんでしたが、“もっと時間ができるようになんとかならないの?”みたいなコトを言われたので、ちょっと考えましたが“ふたりで田舎で自給自足の生活をしていこうか?”と結構本気で言ったんですよ」

ギョッ! それは彼女も想定外で戸惑ったのでは!?

「そう(笑)。僕は本当に極論、“無人島で彼女とず~っとふたりで暮らしていく”のもいいなぁと思って提案したんですが、それはイヤだったみたいです(笑)。でも彼女に対する本気度は伝わったみたいで、それ以降は不満を言わなくなりましたね」

愛するひとと無人島でふたりっきり……ロマンティックですね。そんなコト言われてみたいものです。実際するかは別ですが(笑)。

 

■お前だけど……想像してみて?

「“お前に決まってるじゃん!”と言いました。でもね、“オレがお前だけのために生きていくのを想像してみて”と」(20代/出版社)

ふむふむイマジンしてみます。まず仕事を辞めて……?

「はい。仕事を辞めて収入はゼロ。都会にも暮らせないし毎日暇だから、彼女に連絡しまくってイチャイチャしまくって、きっと最初は楽しいだろうけど。そのうち貯金も尽きて電気もガスも止められて……」

おぉっ……恐ろしい!

「でしょ!? みるみる彼女の顔が冷静になってきましたよ(笑)。女子って本当にワガママだよね。スペックや収入も含めて男を好きになるくせに、自分の思うようにならないとスネるもんね。結局はわかってもらえましたよ」

そうです。女子はワガママなんです。でも大人女子の皆さんは感情で口走らないようにしましょうね。

 

■仕事をする理由とは

「あるある話だけど、もう本当に率直に“オレが仕事をする理由は君と楽しい時間を過ごしたいから”それだけなんだよと言いました」(30代/芸能)

模範解答ですね。

「“オレが頑張って働いているから美味しいモノをごちそうできるし、欲しいモノを買ってあげられるし”とね。そこまで言わないとわかってもらえないのは逆に悲しいけど。男女において、1度は乗り越える壁だよね仕事の理解って」

さすがに納得してもらえましたか?

「それでも“寂しい、不安、寂しい”って泣いてるからオレも感極まって“オレだって会えないときは不安だし、寂しいよ? けどそれを乗り越えるから一緒にいる時間が楽しくて大事で愛しいんだよ”と……自分のコトで泣いてる彼女をみるとオレも申し訳なくて泣けてきました」

でも、なんかイイ話です。不安なときにそんなコト言ってもらえたら惚れ直しそうです。

「最終的にふたりとも号泣して愛し合って、何事もなかったように仲直りしました(笑)」

ごちそうさまです。

 

ちなみにですが、「そんなコト言われると萎える」「そんなコト言う子とは付き合えない」とか、冷たい(!?)意見も目立ちました。

冷静に考えると正論ですが、感極まって禁断のフレーズを言っちゃう女子もいるワケでして、上記のような素敵な対応をしてもらえると嬉しいですよね!

男子は参考にしてくださいませ。

 【画像】

Victor1558