「足し算」ができればお見合い結婚も夢じゃない!?

お見合いという出会いは、まず「条件ありき」でお話がスタートします。 これが、恋に落ちてからスタートする恋愛結婚とは違う点。 金銭面の条件、健康状態、ご両親との同居の有無など、自分の条件に合うかどうかだけで、ご本人に会うワ…

お見合いという出会いは、まず「条件ありき」でお話がスタートします。

これが、恋に落ちてからスタートする恋愛結婚とは違う点

金銭面の条件、健康状態、ご両親との同居の有無など、自分の条件に合うかどうかだけで、ご本人に会うワケですから、乱暴な言い方をすれば、「好きでもない相手と、いきなり結婚を意識しながら付き合い始める」といった感じでしょうか…。

さて。条件的には「自分的にはパーフェクトに近いと思われる方」であっても、お見合い写真と身上書だけでは、「好きになれるか」「フィーリング(生理的にあう)」までは、全く解りません。そのへんのコトは、お見合い後にお互いチェックしていくわけです。

そのせいか、お見合い後に何度かデートを繰り返すと欠点ばかりが気になってきて…

100点あったハズの点数が、どんどん「引き算」されていくんです。

「趣味の欄に「料理好き」とあったけど、食材について何にもしらないな」−20点

「年収○○とあったけどケチなオトコね」 −10点

好きで付き合い始めた男女なら、多少気になる部分があっても、そもそも「好き」で付き合い始めた同士なので(浮気とかギャンブル癖がなおらないとか、根本的に困る点をのぞけば)、気にならない!(っていうか、気になってたら付き合ってない)のですが、お見合いだと、相手のご飯の食べ方ひとつで「はい、マイナス10点!」みたいなことになる。

せっかくの出会いなのに、もったいないですよね。でもこれが、お見合いという出会い法の唯一の欠点なのかも…

お互い「足し算」が出来る相手と出会えた方は、トントンと結婚話しが前に進んでいるようですし、できれば、「引き算」より「足し算」で相手を見たいもの。足し算ができる人ほど、お見合いで成功しやすいのかもしれません。

 

許せない生活習慣の対策方法は、あきらめて受け入れるか別れるしかありません。

だそうです(笑)。↓こちらの記事もご参照ください。

 

『くちゃ食い、貧乏ゆすり…男のクセは絶対治りません!』より。