逃げてぇ!超絶ウザい「ヤバ姑になる彼ママ」の発してる兆候3つ

愛するカレシの母親が“ヤバ姑”だったとしたら、泣けてきますよね。 しかも、夫となった最愛のオトコが「でも、オフクロだって悪気はナイんじゃん」などと姑の嫁いびりの深刻さに気づいてくれなければ、相当な悲劇です。 ならば、最初…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛するカレシの母親が“ヤバ姑”だったとしたら、泣けてきますよね。

しかも、夫となった最愛のオトコが「でも、オフクロだって悪気はナイんじゃん」などと姑の嫁いびりの深刻さに気づいてくれなければ、相当な悲劇です。

ならば、最初からヤバそうな姑がいる家には嫁ぎたくないっ!

では、将来嫁イビリをする姑になりそうな彼ママって、どうやって見分ければいいのでしょうか?

8年間の市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきた筆者が、自身の経験も踏まえながら、将来嫁イビリをする姑になる彼ママの危険な兆候を3つお伝えしましょう。

 

■兆候1:なにかと洋服にコメントする

日頃から、洋服に何かと意見をしてくる彼ママは危険です。

「その服可愛いわね~。どこで買ったの?」「そんなに短いスカート履いて、寒くない?」など、一見なんてことない会話かもしれません。けれどそれは、今は“息子のカノジョ”にすぎないから。

そもそも、息子のカノジョの洋服にわざわざ意見してくる女性は少数派。それなのに「ひとこと言わないと気が済まない!」とばかりにコメントしてくるタイプは、結婚後に「その洋服、派手すぎない?」「こんな服は嫁にふさわしくないでしょ」などとトンデモないアドバイスをしてくる可能性が高めです。ウザいですよね。

 

■兆候2:“男みたいな仕事”と言いつつ意見する

現代では、女性が働くのも珍しくなくなっています。そして、女子が就いている職種も多様化しています。その昔は男性ばかりが働いていた男性社会の名残がある業界で女子が働くのには苦労が伴うのも事実。

それなのに、「あなたの仕事って男社会でしょ。女性の“くせに”、そんな仕事をするなんて大変ね」「男みたいにバリバリ仕事しているようだけど、体調は大丈夫?」などなど、一見心配している風を装って仕事に意見してくるタイプも超キケンなんです!

交際中は“心配している風”であっても、結婚後は「男勝りの仕事をしていたから、勝気なのねぇ」「男性ばかりの職場にいたから感覚がおかしいのねぇ」などと、嫌味のようにコメントされることも……。

純粋に応援してくれたり理解を示してくれたりするのなら有難いですけれど、辛口なコメントが目立つ母親は、結婚後には相当な確率で“ヤバ姑”になると思って間違いなさそうです。面倒くさいですよね。

 

■兆候3:デートに加わりたがる

交際中ってお互いに仕事も忙しいですし、2人きりでデートをできる機会は貴重ですよね。

にも関わらず「あら。そんな美味しいお店に行ったの? 今度は私も一緒に行きたいわ~」と言い出したり「週末、みんなで食事に行かない? そういえばその前に買い物も行きたいのよ」などとデートの機会に自分も加わりたがったりする傾向がある彼ママもキケンです。

一般的に母親は、大のオトナになっている息子の恋愛は一歩引いて見守るもの。息子夫婦のデートに自分も加わりたがるのは、“子離れ”できていない姑の典型パターン。

結婚後、やたらと息子夫婦の家に入り浸ったり、週末を一緒に過ごすよう要求してきたりするヤバ姑になりやすいタイプといえるでしょう。邪魔くさいですよね。

 

いかがですか?

子離れできず過干渉になるヤバ姑の兆候は、結婚前にも必ず出ているもの。

ヤバ姑って、夫である彼パパの他界後にはパワーアップしてウザ姑になるなんてこともありがちです。

末長~い結婚生活で悲劇を迎えないよう、今のうちにしっかりとチェックしてくださいね!

 【画像】
Photographee.eu / Shutterstock