絶対言っちゃダメ!? オトコに「ドン引きされる過去の秘密」6つ

あなたは今の彼に昔のことをどれくらい正直に話していますか? 大好きな相手にはすべてを知っていて欲しいと思うのが女心ですよね。結婚まで考える相手ならなおさら、すべてを話しておくべきと考えるかもしれません。 ですが、実際には…

あなたは今の彼に昔のことをどれくらい正直に話していますか?

大好きな相手にはすべてを知っていて欲しいと思うのが女心ですよね。結婚まで考える相手ならなおさら、すべてを話しておくべきと考えるかもしれません。

ですが、実際には話せば話すほど不利になる内容もあるようなのです。

そこで今回は男性陣に「彼女から話されてドン引きしてしまった過去の秘密」について緊急リサーチを決行してみました。

 

■1:不倫したことがある

毎日のように世間を騒がせている不倫騒動。テレビをつければいつでも誰かが不倫しているように感じるので、不倫は当たり前のように思ってしまうかもしれませんが、それは大きな間違いです。

そこら辺のカップルが不倫ばかりなわけではなく、不倫をしているのはごくごく一部にすぎません。

なので、あなたがもし過去に不倫の経験があったとしても絶対に彼には言わないでおく方が賢明でしょう。どんな事情があるにせよ、不倫をしてしまったというのはよくないことです。

彼からしてみれば、一度あったことなら今後もある可能性があると思われてしまいます。不倫する奴なんだというレッテルを貼られてしまったらそれをぬぐうことは難しいので、絶対に墓場まで持っていきましょう。

 

■2:AVに出たことがある

若いころに軽い気持ちで……。ちょっとお金が必要で、スカウトされたから一度だけ……。なんて言っても、彼からしたら大ショックです。

「男の人はAVたくさんみてるじゃない!」と言ったところで、それはそれ、これはこれなんです。

AVに出ている女性は自分の彼女ではなく別の存在と思えるからこそ、好きなAV女優についても考えられるのであって、彼女がでているAVなんて絶対に見たくはないものです。

若気の至りで出てしまったことがあるのは消しようがない事実ですが、それを彼に受け入れてもらおうなんていうのは甘い考えでしょう。

 

■3:経験人数が2桁以上

男性は過去のあなたの男性経験を知りたがるかもしれないですね。ですが、もしあなたの経験人数が2桁以上だとしたら、それを素直に伝えてしまっては問題になりかねません。

男性は、自分の彼女の経験人数は少ない方が喜びます。話を聞いた男性陣に何人までなら普通だと思うかと尋ねたら、平均すると3~4人という結果でした。

そんな中、2桁以上の経験があるとなると、やはりかなりショックを受けるでしょう。

男性の方は経験人数が多いほうがモテるというイメージがありますが、男性からすると女性の経験人数はモテるとかいうこととはちょっと違う次元にあるようです。

本当のことを言わないと……と思うかもしれませんが、聞かれた場合は少なめに答えておく方がいいようです。

 

■4:処女喪失が早い

経験人数と同じで、処女の喪失が早いというのも男性にショックを与えるようです。

年齢にもよりますが、小学生で初体験というのはどの年代の人からも受け入れがたい事実のようなので、その場合は隠しておいた方がいいでしょう。

男性から話を聞いて感じた無難な答えとしては、中学校の後半から高校生ですね。もちろんそれ以降なら問題はあまりないですが、逆に大学を出るまでしたことがないというのも少し疑問に思われるようです。

ただし、遅い分には悪いイメージではないようなので、そこは素直に言ってしまってもいいかもしれません。

 

■5:複数エッチをしたことがある

エッチと一言に言っても、ノーマルなエッチだけではないですよね。少し普通とは違うエッチの経験があるというのは男性からすると興味の対象になるようなので、言ってしまってもいいかもしれませんが、絶対に言ってはいけないのが、複数でエッチをした経験についてです。

男性陣からは、「すごく淫乱なイメージがある」とか「遊んでる感じがする」など、かなりマイナスの言葉しか聞くことができませんでした。

エッチの内容については、基本的には2人きりの問題なのであまり話さない方がいいかもしれません。彼がアブノーマルなエッチの経験について聞いてきたときなどは、彼の願望がある可能性もあるので、逆に「どんなことしたことあるの?」と質問で返すのがいいでしょう。

そこで彼からちょっとフェチなことを言われるかもしれませんが……。

 

■6:離婚歴がある

結婚したカップルの3人に1人が離婚をするという現代。結婚してすぐに離婚したという経験を持つ人は意外と多いです。海外などでは離婚も一つの経験として語られることもあるようですが、まだまだ日本ではバツがあるというのはマイナスのイメージが強いです。

もちろん離婚歴は戸籍などの問題からバレてしまう可能性もあることなので、時期をみて伝えておく方がいい場合もありますが、むやみに離婚経験について語るのはやめた方が良さそうです。

離婚について男性に話すとしたら、相手との結婚が確実になってからでしょう。相手に昔の離婚について話さないまま結婚をするのは気が引けるという人もいるでしょうから、そういう時はじっくりと相手の受け入れ態勢が整っているのを確認してから伝えましょう。

もし、相手の男性が「離婚なんて間違っている」という感情を強く持っているようならば、伝えないでいる方が賢明かもしれませんね。

 

いかがでしょうか?

男性は女性が思っているより物事をナイーブにとらえる傾向があります。自分では大したことではないと思っていることでも、彼からしてみたら十分に別れる原因になることだってあり得ます。

聞かれたからと何も考えずに言ってしまった過去の秘密が、彼との別れに繋がってしまったら、そんな悲しいことはないですよね。

今回お伝えしたような事柄には、男性はとても敏感なようなので、受け止めてくれるかどうか分からない場合は伝えない方を選んで、あなたの心にしまっておく方がいいかもしれませんね!