ヤダ…大興奮?GWデート中にビンビンにさせる「媚薬セリフ」4つ

  • Evernoteに保存

みなさんの彼氏は元気ですか?

「そうですね! あまり風邪とか引かないし、毎日10km走ってるみたいです」

とか、そういうことではありません。夜、元気ですか?

付き合いはじめて最初のうちは、ガツガツと元気いっぱいに求めてくるかもしれませんが、だんだんと勢いは衰えてくるものですよね。

それはみんな同じ。普通のことなのかもしれませんが、デキる彼女としては、しっかりと対策をして、興奮させつづけることが大切。マンネリ解消にもなりますよ。

そこで今回は、官能小説家で恋愛コラムニストでもある小川沙耶さんに、男子を興奮させるセリフについて教えていただきました。

官能小説家だけあって、言葉で男子を興奮させるのが仕事ですので、効果が期待できますねー。

 

■1:耳元で「愛してる」

「とあるAV監督とも意見が一致したのですが、一番卑猥なHというのは、“愛のあるH”です。SMとか、レイプとか、痴漢とか、いろいろありますが、エロを極めると、普通の愛を求め合うHが一番エロいのです。

これはセリフにしたって同じ。彼の耳元でイヤラシいトーンで、“愛してる”と囁いて、カプッと耳を攻めてみてください。

“愛してる”というキレイな言葉をイヤラシく使うのがポイントです」

 

■2:「お願いします……」

「頼むような、すがるような目で、恥じらいをガマンしながらの“お願いします……”。

何をお願いするのかというと、Hなことをお願いするわけです。Hの前に、ベッドで言うと一番効果的ですが、慣れてくると、デート中に応用することもできます。

たとえば彼が食べているアイスクリームを一口欲しいときに、“一口ちょーだい”のあとに、Hなことをお願いするようなトーンで、“お願いします……”と言うと、ピクンと反応させることができます」

 

■3:「欲しいの」

「これも、一番いいのは、ベッドで“あなたが欲しい……”と言うことです。使い古された陳腐な言葉にも聞こえますが、だからこそ、真剣に言うことで、効果は絶大。

デート中に応用することもできます。

たとえば、彼が食べているアイスクリームを一口欲しいときに、目をうるっとさせて、別のモノが欲しいかのように“欲しいの……”と言うと、ピクンと反応させることができます」

 

■4:「動かないで。目をつぶって」

「これもベッドでHの直前に言うことで、彼がそれに従ったら、キスやソフトタッチをすると大興奮させられます。

もう言わなくてもわかると思いますが、デート中に応用することもできます。

“動かないで。目をつぶって”と言うと、“え? キスかな……”とドキドキさせることができますね。

彼が食べているアイスクリームを一口欲しいときに、この言葉を使えば、目をつぶっている最中に、ぺろっと一口いただくこともできます。

しかしそれだと、おいしいけれど興奮はさせられないので、彼の口についているクリームを指でぬぐってあげると、セクシーですね。唇は性感帯ですから」

 

いかがでしたか。すぐに使えるような、簡単で日常的な言葉がいっぱいありましたね。とりあえず、ゴールデンウィークはアイスクリームを買うところからはじめてみるといいかもしれません。

 

【関連記事】

夫がウザいと思ったときに読みたい…なんだかホッとする言葉4つ

発想の転換!元気ナシな男子がムラムラしはじめる「禁止H」3つ

「もっとカッコイイ彼氏ができるなら彼氏と別れる?」彼女の本音

「彼氏と別れて俺と付き合って!」と言われる女の卑劣なテク2つ

入社早々に…!? 新入社員が早くもヤられちゃった「歓迎H」3つ

 

【姉妹サイト】

※ 

※