コレが決定打!男が別れを決める「彼女から無くなったモノ」3つ

恋愛マニュアルにおいて女性が知りたいこと……それってやっぱり「男性のリアルな意見」ですよね? 「どんな女性が好きなのか」「どんなアプローチに弱いのか」「どんなテクにグッとくるのか」……そして「どんな時に別れを決めるのか」…

恋愛マニュアルにおいて女性が知りたいこと……それってやっぱり「男性のリアルな意見」ですよね?

「どんな女性が好きなのか」「どんなアプローチに弱いのか」「どんなテクにグッとくるのか」……そして「どんな時に別れを決めるのか」といったことを、多くの女性は知りたいのではないでしょうか?

男性が「あ、これもう無理だ。別れよう」と思う部分が何なのかわからなければ、女友達との相談会も全くの無意味ですよね。

そこで『Dangdep!』では男性500人に対し「別れのとどめ」に関するアンケートを取りました! その中の、特に“別れの決定打”となる3つを厳選してご紹介しますね。

 

■1:女子力が無くなった

「女の魅力を感じなくなったとき」

「色気をまったく感じなくなったとき」

「セックスが出来なくなった」

これは2パターンありますね。良くも悪くも付き合いが長くなり、素の女子力の低い自分が出てしまったか。もしくは家庭に入って、女性ではなく妻や母親といった立場になってしまったか。

子供がいるかどうかでもまた話は変わってきますが、何にせよ多くの男性は、いつまでもパートナーに“女子力(女性らしさ)”を求め続けるようです。

彼との関係が本命に落ち着いたからといって、油断は禁物ということですね。

とはいえ常に気を張って“女子力”全開でいるのは疲れてしまいますから、二人の記念日や週末デートといった、ここぞという時に“女子力”を見せつけてやりましょう。

 

■2:自由が無くなった

「強く干渉されるようになったら」

「うざくなってしまった」

恋人同士となれば、当然結婚を意識して付き合っていくと思います。

そうなるとやっぱり、お互いの日常生活にも色々と意見を出していくこととなりますが……この行為がいつのまにかオカン女子化したり、もしくは束縛女子化していたりすると、“自由”を奪われた男性は「別れたい」と考えるようになります。

多くの男性は、結婚後であっても“一人の時間”が欲しいと考えています。それは本命彼女や妻であろうとも、邪魔してほしくない“完全プライベート”な部分です。

なので、本命彼女としての貫禄をもって、彼に対して過干渉にならないよう気を付けましょう。

 

■3:優しさが無くなった

「彼女の人間性に落胆したとき」

「やさしさを失ったと感じたとき」

付き合う前、もしくは付き合いたての頃にキャラを無理しすぎると、いずれ化けの皮が剥がれてしまういい例ですね。

例えば出会った頃に「子供大好きなのー」「えー、私って優しくないよー、これが普通だよー」などと、“優しい女”アピールしすぎると、付き合いが長くなったあたりで彼から「なんか最初の頃と違う……」「最近冷たくない?」と思われ、最終的に別れへ繋がってしまうわけです。

なので最初から無理して“優しさ”のハードルを上げておかないよう、気を付けましょう。

 

以上、男性のリアル意見をまじえた「男が別れを決める“彼女から無くなったモノ”3つ」でしたが、いかがでしたか?

よくある話ですが、やっぱり付き合う当初から“素の自分”を出せる相手こそ、お互いの関係が長続きする秘訣のような気がしますね。

 【参考】

※ もうコイツと別れたいな…男が決心した「別れのとどめ」6選 – Dangdep!

 【画像】
Valery Sidelnykov / Shutterstock